はじめに読んでください
2030 / 12 / 17 ( Tue )
こんにちは。はじめまして。
甲(きのえ)といいます。

かつてまだ厨二病が癒えなかった頃、サイトを立ち上げて創作小説を公開していました。
あれからだいぶ経ち、諸々の事情あってサイトは長らく放置してきました。

今回ブログを作ってみたのは、ちまちま小説を書いていくには管理しやすく適していそうだなと考えたからです。

たまったら校正し、サイトのほうで載せなおしてみようかと思います。


<http://nanatsukai.lv9.org> 


少しでも楽しんでいただけると幸いです。


*******

「聖女ミスリア巡礼紀行」について。

この話自体は私の中ではこれでも新しい方ですが、何度か練り直してるうちに結構いい感じに世界観が発達してきたので、他の古い話よりも今書きたいと思いました。

アクションやら化け物やら組織やらいろいろ出ますが、元は単なる「旅する男女」を書きたくて練った話です。あまり深く考えすぎないでそこをがんばります。

なお、極端な表現は抑えますが、多少の残虐非道な行為・発言または性的描写は含むかもしれませんので、15歳未満の方は閲覧を遠慮してください。なるべく誰も不快にさせないよう極力気をつけます。

最後に、作中に主張される信念や思想は私の脳から出たものであってもすべてを私が支持しているわけではありません。あくまでフィクションです。


*******

初めていらっしゃるお客様はまずサイトの方のインターフェイスを試しに見て行ってください。本編は長いので最初はブログよりもサイト(または小説家になろう、カクヨムでも同タイトル同名義で掲載しています)で見た方が読みやすいと思います。ブログで読む方は下の目次記事へどうぞ。

一節ずつが長すぎて読みにくくならないように、数字のあとに小文字でabcとつけて整理しています。本編はどの記事も大体5分以内で読めるでしょう。

*閲覧推奨ブラウザ: Firefox, Google Chrome (なぜかテンプレがIEと相性悪いようです)

感想はコメント・拍手でも何でもどんと来いです お待ちしてます(・∀・)


ではよろしくお願いします!




←検索サイト・ランキングに参加してます。よかったら押してください

拍手[12回]

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

23:59:59 | 挨拶 | コメント(0) | page top↑
本編目次
2030 / 12 / 17 ( Tue )

混沌に満ちた架空の大陸を舞台にした長編ダーク・ハイファンタジーです。
世界を救うために旅立ってますが、
その実主人公たちは別の何かを 探しているのかもしれません。

ここは目次ページです。初めての方ははじめにの記事へどうぞ。



第一章: 行路を織り成す選択の連なり

01 06 - a b c d e f g 11 - a b c d e f g h
02 - a b c d e f 07 - a b c d e f 12 - a b c d e f g h i j k
03 - a b c d e f g h 08 - a b c d e f g h 13 - a b c d e f
04 - a b c d e 09 - a b c d e 14 - a b c d e f g h i j
05 - a b c d e f 10 - a b c d e f g h i j  


第二章: 聖地を巡る意味

15 - a b c d e f g h i j 19 - a b c d e f 23 - a b c d e f g
16 - a b c d e f g 20 - a b c d e f g h i 24 - a b c d e f g
17 - a b c d e f g h 21 - a b c d e f g h i 25 - a b c d e f
18 - a b c d e f g h i j 22 - a b c d e f g 26 - a b c d e f g h i j k


第三章: この世で最も価値がある

27 - a b c d e f g h 31 - a b c d e f g 35 - a b c d e f g h i j
28 - a b c d e f g h i 32 - a b c d e f g h i j 36 - a b c d e f
29 - a b c d e f 33 - a b c d e f g 37 - a b c d e f g h i
30 - a b c d e f g h i 34 - a b c d e f g 38 - a b c d e f g


第四章: 満たされんとして追う

39 - a b c d e f g 44 - a b c d e f g h i j 49 - a b c d e f g h i
40 - a b c d e f 45 - a b c d e f g 50 - a b c d e f g h i j k l
41 - a b c d e f g h i 46 - a b c d e f g h 51 - a b c d e f 
42 - a b c d e f g h i j 47 - a b c d e f g h i j k
43 - a b c d e f g h 48 - a b c d e f g h


第五章: 常しえに安らかなれ

52 - a b c d e f g 57 - a b c d e f g h i j k 62 - a b c d e f g h i j k
53 - a b c d e f g h i 58 - a b c d e f g h i 63 - a b c d e f g h i j
54 - a b c d e f g h i 59 - a b c d e f g 64 - a b c d e f g h
55 - a b c d e f g h i 60 - a b c d e f g h i 65 - a b c d e f g h i j
56 - a b c d e f g h 61 - a b c d e f g h 66 - a b c d


あとがき


[簡易紹介]

地名・組織名 登場人物 サブキャラ

 

[読み返しガイド] 

場所別

おまけ・番外編

拍手御礼01-05 拍手御礼06-10 拍手御礼11-15 拍手御礼16-
Valentine's Day 戦闘スタイルメモ 魔物特性メモ もしも彼女だけでも
2000の想い 100記事記念 200記事記念

拍手[31回]

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

07:23:34 | 目次 | コメント(2) | page top↑
ゆみとミズチ
2029 / 02 / 10 ( Sat )

はい、ついにめんどくさくなって六文字のタイトルにしましたよw
小説投稿は3月1日から開始します。





「なくなよ。おいらが、ゆみをまもるから」

 どこかで聞いたようなベタな約束を果たしに来たのは、自らを「みずち」だと言い張る謎の少年。

「きみはいつまで居座る気なの」
「ゆみが死ぬまでかなー。だってほっとけねーし」
「……それって、すごく長くない?」

 どこにでもいそうな独身OLと、人間の姿かたちを真似た化け物の、【非】日常ファンタジー……?


第一章:みずちという子
1 - a b c d2 -3 -
第二章:厄寄せのゆみ

拍手[0回]

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

07:15:32 | 目次 | コメント(0) | page top↑
いとよろし
2018 / 02 / 02 ( Fri )
うえーい。

今晩から一週間の間、旦那の実家に行きます。初めてになります。
メキシコに隣接(?)した、ビーチが美しい、常夏の土地。まあビーチはいかないかもですがw

義理の家族に会うのは二年ぶり(その時はおばさまだったが今はおかあさまかい)くらいですが、そんな緊張しそうなポイントに思考を割かず、飛行機の中で何を読もうかばかり画策しています(おい


甲さんからのライフアドバイス。

前にも言った気がしますが、未知の場所に行くときは、先入観をすべて捨てることです。行く前は事前準備とか下調べとかして、荷物に十分に詰め込んだ後は……あれが楽しみだとかあれが怖いとか、そういう感情を全部移動中に捨てましょう。アフリカに行く前に大西洋にさまざまな想いを捨ててきた私が言うのだから間違いありません((


向こうの家族が一体何十人いようがどんなどんちゃん騒ぎが待ち受けていようが、心をまっさらにして行きます!!



で、新作投稿は帰ってきたら順次やっていこうかと思います。前年バレンタインから始まったので同じことをしては面白くないので、もうちょっと後にずらしますw 

あんまり楽しみにせずに楽しみにしててね☆彡

拍手[0回]

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

01:19:31 | 挨拶 | コメント(0) | page top↑
縦書きPDFメーカー
2018 / 01 / 30 ( Tue )
これが妙に楽しいな:https://shimeken.com/tex/title

とりあえず御簾ごしの姫を二段組みA5にしてみた。

ダウンロード

拍手[0回]

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

07:41:56 | 余談 | コメント(0) | page top↑
ブレット書き1
2018 / 01 / 26 ( Fri )
  • 12月にママンに「パーマ抜けて来たわね。かけなおしなさい」と言われたし、かけなおすか―と長さをほとんど変えずにデジパを一新してもらったら日によってはだいぶミスリアで、戦慄してる。前髪の分け方まで一緒で違うの色だけじゃねえか…。
  • 「書き上げた長編は三本だ」とおっしゃっているフォロワーさんいて、そういや私は二本だなあってなってます。ミスリア以降オンリーをカウント。それ以前はちょっと人にお見せしていいものか迷うレベルのできですから(とはいえ一部「七ツ海」にのってますよ
  • 次回作タイトルは「厄寄せのゆみと長い目のミズチ」でいこうかなと思ってます。真新しさのない、ちょっと王道っぽい? って思うような設定で構成されてます。が、だいぶ私らしさが滲みでてますw 略称はどうしよう、厄ゆーとかにするか(おい)
  • 厄ゆーは1章完結型を目指してます。現在予定しているのは5章ほど、気合と時間によっては7まで行くか…未定。一年くらいは連載してるかな、未定。
  • しかしこうして書いてると、未完の古い作品が未完のままなのがしのびなく思えてきて、引っ張り出して整理しなおそうかなと企んでいる今頃(企画ものなので相手方の了承がないと公開できないけどネ)(完成品みせたらOKしてくれるかな?)

拍手[0回]

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

04:18:36 | 余談 | コメント(0) | page top↑
りある流血エピソード
2018 / 01 / 18 ( Thu )
*タイトルから察してください *いちおうグロ注意w




拍手[0回]

続きを読む

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

00:07:55 | 余談 | コメント(0) | page top↑
je suis en train de manger
2018 / 01 / 11 ( Thu )
タイトルに深い意味はない。(意訳:わたしは食べている最中である)


フレンチクラブたーのしーw


みんな同じ程度のレベルの仏語を話すから、お互いに知らない言葉を気兼ねなく「あれ何だっけ」って訊き合える。先生役もいないから、それほど緊張もしない。日頃から続けているDuolingoにも身が入って、記憶から薄れている語彙を積極的に思い出そうとする。

いいことだらけじゃねぇか…



読書も楽しい! 鴨川ホルモーはもうちょっとで終わって、銀狼王と闇狩り師一巻もそれぞれ半分進んでる。なろうだと、「山内くんの呪禁の夏」を今頃になって真面目に読もうとしているところ。

あと半月くらいは吸収に専念して、それから本腰入れて「じゃおろん(仮)」の話を練ることにするわ。


お察しの通り、タイトルが全然決まりそうな気配がしませんが、それはそういうものですから仕方ない。

拍手[0回]

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

03:31:41 | 余談 | コメント(0) | page top↑
次回作をどうしましょーかー
2018 / 01 / 05 ( Fri )
というのは、

ミスリア世界と関係ない作品を連載する場合、このブログを使い続けるか否か。
使い続けるなら、ブログの名前を変更するか?

などを決めてないのですよね。

ブログ名変更したら検索登録してるところでも変更しなきゃならないのが面倒なので…(そんなに多いわけではないが)そのままにして目次ページを追加しちゃおうかなってw

ただあれですよね、いっそのことブログで投稿する必要があるのか? なろうや他の投稿サイトだけで事足りるんじゃないか? って話。


  ――甲姫先生の全作品が読めるのは「小説家になろう」だけ!


実際は↑の通りですしw

でもブログの方が好きですね、やっぱ。ちまちました連載は。
どうも投稿サイトになると美しくまとめて投稿したくなっちゃうから、隔日更新みたいなペースは無理なのですよ。


ともあれ、改稿はひと段落つきました。遺すところはあらすじ制作と最終チェックだけです。長い道のりでしたが、やればできるものですねw!

もうすぐ黒赤をウェブ上から非公開にしますよー。

拍手[0回]

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

21:20:20 | 余談 | コメント(0) | page top↑
12月読書まとめ
2018 / 01 / 03 ( Wed )
12月の読書メーター
読んだ本の数:12
読んだページ数:2952
ナイス数:86

天帝妖狐 (集英社文庫)天帝妖狐 (集英社文庫)感想
うわああああ…二作品ともふしぎな余韻である。買って一日で読みきってしまうほどの引力だった。
読了日:12月28日 著者:乙一
HUMINT(1) (ヤングマガジンコミックス)HUMINT(1) (ヤングマガジンコミックス)感想
pixivにあったころに読んだから面白いのは知ってたけど、単行本はコマが増えててパワーアップしてる。良い買い物をした感(絵は相変わらず美麗だし)。次巻も楽しみ。
読了日:12月26日 著者:マツリ
GOTH番外篇  森野は記念写真を撮りに行くの巻 (角川文庫)GOTH番外篇 森野は記念写真を撮りに行くの巻 (角川文庫)感想
守護霊のような「僕」が相変わらず好きである。森野は初登場時に比べると不気味よりかわいいと思えるようになったが、そのバランスがまたいい。続編を…続編をおくれ……
読了日:12月24日 著者:乙 一
GOTH 僕の章 (角川文庫)GOTH 僕の章 (角川文庫)感想
たいへんに面白かった。展開というより主人公の危うさに躍らされてばかりだった。メイン二人は平行線を歩いている両想いのように思える。けれどそれでいい。全編を通して、社会も道徳も置き去りにした、繊細な繋がりに魅せられた。そして余談、命に頓着せずにコレクトするという概念が新鮮であった。これから何度でも読み返したい秀作。
読了日:12月24日 著者:乙一
GOTH 夜の章 (角川文庫)GOTH 夜の章 (角川文庫)感想
合本版で読んでるので短編の順序が少々違う。深淵をのぞく独特の雰囲気、不思議な距離感。犬の話あたりから主人公が干渉し出して、妙な感慨を覚えた。
読了日:12月22日 著者:乙一
ヤンキーは異世界で精霊に愛されます。〈2〉ヤンキーは異世界で精霊に愛されます。〈2〉感想
満足。途中で微妙なとこもあったが、終わり良ければ総て良しって感じで、いい締めだった。零と精霊たちのやり取りがこのシリーズのミソだね。この巻では年齢そのままで「転生」ってなってることへの答えもあって、1巻の違和感が払拭された。コウヤ登場も良い。主人公と対等な立場の人間が出てきたことで、パーティバランスが格段によくなった。だがとにかくチビどもがかわいい。次なる冒険も楽しみだ。
読了日:12月22日 著者:黒井 へいほ
トリマニア(4) (ガンガンコミックスONLINE)トリマニア(4) (ガンガンコミックスONLINE)感想
相変わらず最高。コルヴォ関連の話が大変美味でした。今後も目が離せません。
読了日:12月21日 著者:久世岳
悪の教典〈下〉 (文春文庫)悪の教典〈下〉 (文春文庫)感想
終わり方としては、好きな部類。雰囲気は上巻の方が好きかな…さすがに下巻は悪が看破されなさすぎだろ、とか、今度こそ止められる子が出るかなと思う度に希望がくじけられた。教訓を見せられたみたいだった。本物の化け物の前ではどんな工夫もあと一歩足りないので、真っ向から戦おうとせずに全力で逃げるが正解。おしむらくは、一番ずる賢い子が最初に抹消されたから後の苦労があったとこか。順子め。でも最終的に蓮実を暴いたのが人として当たり前の善行だったというところが、美しかった。
読了日:12月09日 著者:貴志 祐介
悪の教典(2) (アフタヌーンKC)悪の教典(2) (アフタヌーンKC)感想
絵に慣れたのか、サクサク読めた。こうして表情がつくと蓼沼がちょっとかわいそうに思えてくる…
読了日:12月04日 著者:烏山 英司
暗いところで待ち合わせ (幻冬舎文庫)暗いところで待ち合わせ (幻冬舎文庫)感想
最高であった。言葉もなく心が近付き、お互いに気付いても言葉を簡単には交わせない。物語のテンポがよく、ターニングポイントがはっきりとわかって爽快。ほとんどの時間が家の中で過ごされるという決して派手な動きの多くない前半、「外に出る」瞬間の激しさ。一度目の別れ、再会。お互いに気付いていたけど実はアキヒロの方がずっと前から見ていた、という最後の種明かしにとても心が躍った。時間を置いたら、また読み返したい一作。これですっかりファンになったので、他の作品も求めたいところ。
読了日:12月03日 著者:乙一
遺跡発掘師は笑わない  悪路王の左手 (角川文庫)遺跡発掘師は笑わない 悪路王の左手 (角川文庫)感想
話にかかわる人物、勢力、国が増えすぎてか、話についていけなくなってクライマックスで感情が離れたように感じられる。コルドの今後の動きには注目したいところだけど、忍ちゃんの話も引っ張りすぎなような。誘拐とかした人たちも咎められてない…? ペクについては、私自身が祖父母と親世代から移民難民してるので、思うところあった。無量がラブコメ波動を出し始めたのはかわいい(笑
読了日:12月02日 著者:桑原 水菜
悪の教典〈上〉 (文春文庫)悪の教典〈上〉 (文春文庫)感想
とても完成されたストーリーテリング。

サイコパス殺人鬼もののカリスマに富んだ主人公は、最初こそ人をだます様子が清々しいが、だんだんと「いつ破滅するのだろう」というドキドキが出てくる。破滅の瞬間を期待するようになるのか、恐れるようになるのか。この作品では前者だった。盛大に打ち負かされて欲しい(笑

下巻に続く。
読了日:12月01日 著者:貴志 祐介

読書メーター

拍手[0回]

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

02:02:42 | 読書 | コメント(0) | page top↑
返信と…
2018 / 01 / 02 ( Tue )
@皐月みつこ さま

いらっしゃい(/・ω・)/
素敵なブログ小説と言ってくださってありがとうございます。いつでも遊びに来てくださいねー。



さて。昨晩プチ旅行からちゃんと帰れましたよ。

まだ喪中…? なのか…? ほぼ半年経ってますが、親は一応クリスマスカードを控えたそうで。元々家族で決めてたのは100日。

すでに私は祝い事に参加したりハッピーニューイヤーとか言ってしまったけど。

そういうわけで新年のご挨拶は今回は見送らせていただきます。

拍手[0回]

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

21:29:00 | 挨拶 | コメント(0) | page top↑
返信
2017 / 12 / 28 ( Thu )
@ナルハシさん

きゃー(≧∇≦) (人''▽`)ありがとう☆

まだ実感わきませんが昨日証明書が届きましたw
パパンがボソッと「幸せにn…」と言っていたのが印象に残ってます。

頑張って爆発する!

拍手[0回]

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

22:33:54 | 挨拶 | コメント(0) | page top↑
せっかくなので公開する
2017 / 12 / 27 ( Wed )
キャラメモから出てきました。エランの項目は採用されなかった設定がちらほらありますね。
ネタばれ配慮なしっす。


拍手[0回]

続きを読む

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

04:23:17 | 余談 | コメント(0) | page top↑
11月の読書まとめ
2017 / 12 / 25 ( Mon )
いまさらw 12月の方がたくさん読んでるのでまとめも充実すると思います。


11月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1172
ナイス数:6

悪の教典(1) (アフタヌーンKC)悪の教典(1) (アフタヌーンKC)感想
小説の内容を復習するみたいに、後を追って一巻だけ読んでみた。絵はイメージ通りじゃないところもあったけど、慣れれば悪くない感じ。しかし文章ならすらすら入る内容も、漫画のセリフになるとちょっと目が滑るな…
読了日:11月25日 著者:烏山 英司
シニガミ×ドクター(3)<完> (KCx)シニガミ×ドクター(3)<完> (KCx)感想
どかーんとやって終わりおったな…。この作者さんのスタイルとわかっているけど、こんなハイペースじゃなくてもよかったんじゃと思わずにいられない。最後になってあらゆるキャラに愛着が沸いてしまってつらい! でも相変わらず絵はめっちゃキレイです。総合★4ってところかな。
読了日:11月16日 著者:唐々煙
シニガミ×ドクター(2) (KCx)シニガミ×ドクター(2) (KCx)感想
北城さんと梶原さん◎ 今巻で二人の株が爆上げ。
破天荒を抑えるとこに曇天の天火を思い出させるねぇ…
読了日:11月15日 著者:唐々煙
シニガミ×ドクター(1) (KCx)シニガミ×ドクター(1) (KCx)感想
唐々煙さんが好きで(と、BWのプロモで0円だった)。もの悲しい世界でバタバタする主人公、二話辺りからどんどん好きになれた。続きも読む。
読了日:11月13日 著者:唐々煙
雨の日も神様と相撲を (講談社タイガ)雨の日も神様と相撲を (講談社タイガ)感想
「名探偵に薔薇を」に比べると派手さがない淡々と進む話だったが、ラスト20%でなかなかどうして、静かに開かれる謎が面白い面白い。ライトな作風、奇異なめぐり合わせ、愛憎の絡んだ事件、物語の終焉に射す希望……城平先生が漫画原作を担当した作品の数々を思わせ、とても楽しかった。文季はテンペストの吉野やスパイラルの歩に連なる、飄々としているが実は情を秘めた鈍くもかっこいい主人公だった。だがカエル様が一番イケメン。池上と河西けっこう気に入ってたのでもっと出番あってもよかった…。
読了日:11月06日 著者:城平 京
ばけもの夜話づくし 二 (MFコミックス ジーンシリーズ)ばけもの夜話づくし 二 (MFコミックス ジーンシリーズ)感想
大将ってそんなに昔からいるの? 代替わりするの? 謎だらけだけど蜘蛛と蝶の好感度グッとUP。退治屋が不憫で…。
読了日:11月01日 著者:マツリ

読書メーター

拍手[0回]

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

21:15:49 | 読書 | コメント(0) | page top↑
駄文
2017 / 12 / 23 ( Sat )
「そういえば私は明日、何も予定が入っていない。何かしたいことがあるか」
「んー、べたべたしたい。一日中構って」
「わかった。他には?」
「ないわ。それだけ」
「じゃあ明日はそれで行きますか」
「うん、おやすみ」

 というバカップル会話が浮かんだんだ。

拍手[0回]

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

06:10:44 | 余談 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |次ページ