三月に読んだ本をまとめよう!
2018 / 04 / 02 ( Mon )
と、読メに言われたので、久しぶりにやります。漫画率多かったけど、やっぱりイサックがすごかった印象ですね。もちろん、十画館と黒い季節も強烈でした。

注:感想はネタバレも含んでます



3月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:1872
ナイス数:56

魔法使いの嫁 1 (BLADE COMICS)魔法使いの嫁 1 (BLADE COMICS)感想
アニメに際して再読。こんなエピソードあったっけとか登場人物が出てきた順番を完全に忘れていた…。チセの過去にこんなに前から触れてたのか…
読了日:03月26日 著者:ヤマザキコレ
イサック(3) (アフタヌーンKC)イサック(3) (アフタヌーンKC)感想
ぎゃひい! 相変わらずいいところで終わりおって… 続きはいつ出るのォ!
読了日:03月22日 著者:DOUBLE-S
十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)感想
面白かった。館シリーズはこれが初めてだが、なんていうか、アートだった。島田さんとはまた会えるのだろうか? 綾辻先生の他の本に手を出すべきか迷っている…。
読了日:03月20日 著者:綾辻 行人
イサック(2) (アフタヌーンKC)イサック(2) (アフタヌーンKC)感想
相変わらず画がすごい。人種の顔の描き分けも。この巻では物語の核心に触れる瞬間があったりして、ドキドキハラハラした。プリンツへの好感も上がった。今月中に次の巻が出るとしって今から待ち遠しい(これアニメ化してくれないかな…
読了日:03月08日 著者:DOUBLEーS
イサック(1) (アフタヌーンKC)イサック(1) (アフタヌーンKC)感想
DOUBLE-S氏は死がふたりを~から好きで、あらすじもどう考えても面白そうだったから購入。レビューだと人間ドラマが物足りないと言う人もいたが、私はこのストイックさに感じ入るものがあった。イサック、よい。もちろん、頑張る娘さんもよい。
読了日:03月08日 著者:DOUBLEーS
黒い季節 (角川文庫)黒い季節 (角川文庫)感想
読んでいた最中は色々思ったことがあったけど、読み終わった今ではただ余韻に浸りたい気分…。全ての登場人物に深く感情移入し(悪役にすら)、全員に幸せになってほしいと切に願いながら読んでいた。これは、絶対二度以上は読みたい一冊。
読了日:03月07日 著者:冲方 丁
十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)感想
エンタメとしての完成度は相変わらず高い。謎のつなぎ方や展開の勢い、登場人物の人間臭さが好き。十三人目が殺人鬼なのは妥当かなと思ったけど、正体を知った時の「やべえ想像してたよりずっと怨念抱えてそう」とか「これはめっちゃ追って来るぞ」みたいな気持ちで、夜中にトイレに行くのが一瞬怖かったのは白状しよう。天使の囀り、青の炎、悪の教典に続いて本作を読んだ今、貴志先生作品では男女は結ばれないものだという結論に至っている。最後は、ホラーとしてはテンプレな終わり方かな。ひとつ解決しても、環は閉じず…
読了日:03月06日 著者:貴志 祐介
青の祓魔師 21 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 21 (ジャンプコミックス)感想
ゆっきー…こじれてんなぁ。出雲、シュラとヒロインたちの問題をひとつず払拭して結束を固めている流れの中、最後(?)に雪を持っていくのは当然に思える。同年代グループで彼だけが生徒でなく先生だったのが、心を打ち明けられる仲間を作るむずかしさを助長したようだ。世界は変わりつつある。今後の展開が楽しみ。
読了日:03月01日 著者:加藤 和恵

読書メーター

拍手[0回]

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

21:13:39 | 読書 | コメント(0) | page top↑
12月読書まとめ
2018 / 01 / 03 ( Wed )
12月の読書メーター
読んだ本の数:12
読んだページ数:2952
ナイス数:86

天帝妖狐 (集英社文庫)天帝妖狐 (集英社文庫)感想
うわああああ…二作品ともふしぎな余韻である。買って一日で読みきってしまうほどの引力だった。
読了日:12月28日 著者:乙一
HUMINT(1) (ヤングマガジンコミックス)HUMINT(1) (ヤングマガジンコミックス)感想
pixivにあったころに読んだから面白いのは知ってたけど、単行本はコマが増えててパワーアップしてる。良い買い物をした感(絵は相変わらず美麗だし)。次巻も楽しみ。
読了日:12月26日 著者:マツリ
GOTH番外篇  森野は記念写真を撮りに行くの巻 (角川文庫)GOTH番外篇 森野は記念写真を撮りに行くの巻 (角川文庫)感想
守護霊のような「僕」が相変わらず好きである。森野は初登場時に比べると不気味よりかわいいと思えるようになったが、そのバランスがまたいい。続編を…続編をおくれ……
読了日:12月24日 著者:乙 一
GOTH 僕の章 (角川文庫)GOTH 僕の章 (角川文庫)感想
たいへんに面白かった。展開というより主人公の危うさに躍らされてばかりだった。メイン二人は平行線を歩いている両想いのように思える。けれどそれでいい。全編を通して、社会も道徳も置き去りにした、繊細な繋がりに魅せられた。そして余談、命に頓着せずにコレクトするという概念が新鮮であった。これから何度でも読み返したい秀作。
読了日:12月24日 著者:乙一
GOTH 夜の章 (角川文庫)GOTH 夜の章 (角川文庫)感想
合本版で読んでるので短編の順序が少々違う。深淵をのぞく独特の雰囲気、不思議な距離感。犬の話あたりから主人公が干渉し出して、妙な感慨を覚えた。
読了日:12月22日 著者:乙一
ヤンキーは異世界で精霊に愛されます。〈2〉ヤンキーは異世界で精霊に愛されます。〈2〉感想
満足。途中で微妙なとこもあったが、終わり良ければ総て良しって感じで、いい締めだった。零と精霊たちのやり取りがこのシリーズのミソだね。この巻では年齢そのままで「転生」ってなってることへの答えもあって、1巻の違和感が払拭された。コウヤ登場も良い。主人公と対等な立場の人間が出てきたことで、パーティバランスが格段によくなった。だがとにかくチビどもがかわいい。次なる冒険も楽しみだ。
読了日:12月22日 著者:黒井 へいほ
トリマニア(4) (ガンガンコミックスONLINE)トリマニア(4) (ガンガンコミックスONLINE)感想
相変わらず最高。コルヴォ関連の話が大変美味でした。今後も目が離せません。
読了日:12月21日 著者:久世岳
悪の教典〈下〉 (文春文庫)悪の教典〈下〉 (文春文庫)感想
終わり方としては、好きな部類。雰囲気は上巻の方が好きかな…さすがに下巻は悪が看破されなさすぎだろ、とか、今度こそ止められる子が出るかなと思う度に希望がくじけられた。教訓を見せられたみたいだった。本物の化け物の前ではどんな工夫もあと一歩足りないので、真っ向から戦おうとせずに全力で逃げるが正解。おしむらくは、一番ずる賢い子が最初に抹消されたから後の苦労があったとこか。順子め。でも最終的に蓮実を暴いたのが人として当たり前の善行だったというところが、美しかった。
読了日:12月09日 著者:貴志 祐介
悪の教典(2) (アフタヌーンKC)悪の教典(2) (アフタヌーンKC)感想
絵に慣れたのか、サクサク読めた。こうして表情がつくと蓼沼がちょっとかわいそうに思えてくる…
読了日:12月04日 著者:烏山 英司
暗いところで待ち合わせ (幻冬舎文庫)暗いところで待ち合わせ (幻冬舎文庫)感想
最高であった。言葉もなく心が近付き、お互いに気付いても言葉を簡単には交わせない。物語のテンポがよく、ターニングポイントがはっきりとわかって爽快。ほとんどの時間が家の中で過ごされるという決して派手な動きの多くない前半、「外に出る」瞬間の激しさ。一度目の別れ、再会。お互いに気付いていたけど実はアキヒロの方がずっと前から見ていた、という最後の種明かしにとても心が躍った。時間を置いたら、また読み返したい一作。これですっかりファンになったので、他の作品も求めたいところ。
読了日:12月03日 著者:乙一
遺跡発掘師は笑わない  悪路王の左手 (角川文庫)遺跡発掘師は笑わない 悪路王の左手 (角川文庫)感想
話にかかわる人物、勢力、国が増えすぎてか、話についていけなくなってクライマックスで感情が離れたように感じられる。コルドの今後の動きには注目したいところだけど、忍ちゃんの話も引っ張りすぎなような。誘拐とかした人たちも咎められてない…? ペクについては、私自身が祖父母と親世代から移民難民してるので、思うところあった。無量がラブコメ波動を出し始めたのはかわいい(笑
読了日:12月02日 著者:桑原 水菜
悪の教典〈上〉 (文春文庫)悪の教典〈上〉 (文春文庫)感想
とても完成されたストーリーテリング。

サイコパス殺人鬼もののカリスマに富んだ主人公は、最初こそ人をだます様子が清々しいが、だんだんと「いつ破滅するのだろう」というドキドキが出てくる。破滅の瞬間を期待するようになるのか、恐れるようになるのか。この作品では前者だった。盛大に打ち負かされて欲しい(笑

下巻に続く。
読了日:12月01日 著者:貴志 祐介

読書メーター

拍手[0回]

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

02:02:42 | 読書 | コメント(0) | page top↑
11月の読書まとめ
2017 / 12 / 25 ( Mon )
いまさらw 12月の方がたくさん読んでるのでまとめも充実すると思います。


11月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1172
ナイス数:6

悪の教典(1) (アフタヌーンKC)悪の教典(1) (アフタヌーンKC)感想
小説の内容を復習するみたいに、後を追って一巻だけ読んでみた。絵はイメージ通りじゃないところもあったけど、慣れれば悪くない感じ。しかし文章ならすらすら入る内容も、漫画のセリフになるとちょっと目が滑るな…
読了日:11月25日 著者:烏山 英司
シニガミ×ドクター(3)<完> (KCx)シニガミ×ドクター(3)<完> (KCx)感想
どかーんとやって終わりおったな…。この作者さんのスタイルとわかっているけど、こんなハイペースじゃなくてもよかったんじゃと思わずにいられない。最後になってあらゆるキャラに愛着が沸いてしまってつらい! でも相変わらず絵はめっちゃキレイです。総合★4ってところかな。
読了日:11月16日 著者:唐々煙
シニガミ×ドクター(2) (KCx)シニガミ×ドクター(2) (KCx)感想
北城さんと梶原さん◎ 今巻で二人の株が爆上げ。
破天荒を抑えるとこに曇天の天火を思い出させるねぇ…
読了日:11月15日 著者:唐々煙
シニガミ×ドクター(1) (KCx)シニガミ×ドクター(1) (KCx)感想
唐々煙さんが好きで(と、BWのプロモで0円だった)。もの悲しい世界でバタバタする主人公、二話辺りからどんどん好きになれた。続きも読む。
読了日:11月13日 著者:唐々煙
雨の日も神様と相撲を (講談社タイガ)雨の日も神様と相撲を (講談社タイガ)感想
「名探偵に薔薇を」に比べると派手さがない淡々と進む話だったが、ラスト20%でなかなかどうして、静かに開かれる謎が面白い面白い。ライトな作風、奇異なめぐり合わせ、愛憎の絡んだ事件、物語の終焉に射す希望……城平先生が漫画原作を担当した作品の数々を思わせ、とても楽しかった。文季はテンペストの吉野やスパイラルの歩に連なる、飄々としているが実は情を秘めた鈍くもかっこいい主人公だった。だがカエル様が一番イケメン。池上と河西けっこう気に入ってたのでもっと出番あってもよかった…。
読了日:11月06日 著者:城平 京
ばけもの夜話づくし 二 (MFコミックス ジーンシリーズ)ばけもの夜話づくし 二 (MFコミックス ジーンシリーズ)感想
大将ってそんなに昔からいるの? 代替わりするの? 謎だらけだけど蜘蛛と蝶の好感度グッとUP。退治屋が不憫で…。
読了日:11月01日 著者:マツリ

読書メーター

拍手[0回]

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

21:15:49 | 読書 | コメント(0) | page top↑
読書記録9月
2017 / 10 / 28 ( Sat )
読書メーターのまとめ機能が面白そうだったので試しに。
登録したのは7月からなのですよ。



9月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1410
ナイス数:7

遺跡発掘師は笑わない  まだれいなの十字架 (角川文庫)遺跡発掘師は笑わない まだれいなの十字架 (角川文庫)
読了日:09月22日 著者:桑原 水菜
雨水リンダ(3) (ガンガンコミックスONLINE)雨水リンダ(3) (ガンガンコミックスONLINE)
読了日:09月22日 著者:HERO
雨水リンダ(2) (ガンガンコミックスONLINE)雨水リンダ(2) (ガンガンコミックスONLINE)
読了日:09月22日 著者:HERO
雨水リンダ(1) (ガンガンコミックスONLINE)雨水リンダ(1) (ガンガンコミックスONLINE)感想
さすがHEROさんは相変わらずドキドキズキズキ来る青春ものをお書きになられる…。連載に気付くのに大分遅れたけど衝動買い&一気読み。さいこう。既に何度か読み返してるし、一片の悔いなし。
読了日:09月22日 著者:HERO
宝石吐きのおんなのこ(2) ~めぐる記憶とはじめての冒険~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)宝石吐きのおんなのこ(2) ~めぐる記憶とはじめての冒険~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
読了日:09月11日 著者:なみあと
名探偵に薔薇を (創元推理文庫)名探偵に薔薇を (創元推理文庫)感想
前から意識の隅にあって、やっと手に。城平先生だとわかっていたのに何度も「もう何も信じられない!」って悶えながら後半は猛烈なスピードで読んだ。描写や会話の味も好みに合った。

見方が一変する度に、フラグだと思っていたあれは伏線だったのか…と何度も解釈を改めさせられたのがすごい。

何より私は三橋さんが最初の印象から、違うカッコよさを持っていた(悪と言えない悪)のかと嬉し悔しくなり、最後にやっぱただの聖域だった、と妙な感慨を覚えた。瀬川の救いになれずとも友で居続けてくれると良い。

もっと後日談が欲しかった…
読了日:09月08日 著者:城平 京

読書メーター

拍手[0回]

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

22:41:09 | 読書 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |