忍者ブログ
規定枚数
2017 / 06 / 04 ( Sun )
公募に出そうと意気込んだ次の日に、既存の話だけで400字詰め原稿用紙250枚を超す長さがあると判明。規定枚数は100~400枚だよ☆彡

やべえよ、まだ黒赤は半分しか話進んでないんだよ。

書き終わってから本格的に削ろう…

既にちょっと見直したんだけど、なかなか思い切って削ることができないね。登場人物の数を減らすとか、世界観説明や描写を省くとか。場面を減らそうにも大抵の場面には役割があるし、会話を減らすとテンポが不自然になりそう。ちびちびと要らない台詞とかを削ってみたけど、せいぜい数ページしか稼げない。



誰か、規定枚数がもっと多くてウェブから投稿できる公募を教えて(他力本願


10万字以下で面白い話が書けない私が悪いのかもしれないけど…いやあ道のりは長いね…。

どうも変なプレッシャー感じて、続きをのびのびと書けないー
そういうことなら、公募目指すのやめた方がいいのかもしれないなぁ。さみしいなぁ。

ウェブ投稿以外に術が無く、海外住まいでは受賞しにくそうな匂いがするところも手が出せないので、自然とオプションが狭まる。以前エブリスタで賞とった時、住民票? 出せみたいに言われて、じゃあ(そんなもん存在しないから)賞金見送るわ。ってなったのがまだ記憶に新しい。アイリス恋愛ファンタジー大賞なら海外OKって明記してるけど、あそこのラベルカラーが私に合わな過ぎ問題。よほど無茶しないとかすりもしないだろうなww <ミスリアはかすりもしなかったよ



つらたん…

拍手[0回]

PR

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

05:25:32 | 余談 | コメント(0) | page top↑
<<六 - a. | ホーム | 5・6合間 あとがき>>
コメント
コメントの投稿













トラックバック
トラックバックURL

前ページ| ホーム |次ページ