忍者ブログ
簡易紹介 地名・組織名
2012 / 01 / 18 ( Wed )
徐々に増やします。
ちなみにネタバレ無しです。


◆◆アルシュント大陸◆◆
三日月ほどではないが右(東)にやや曲がった縦長な形の大陸。
現在は大小ふくめて十八カ国。
大まかに北半分と南半分にそれぞれ定められた共通語がある。


◆◇ヴィールヴ=ハイス教団◇◆
大陸の中北部に本部を置く、大陸の唯一にして最大の宗教集団。
総ての国に、魔物から身を守る術を与え続ける。
聖人・聖女という特殊な聖職者集団をも育てている。


◆◇ジュリノイ◇◆
国際的対犯罪組織。 国家規模の警備団体の手に負えない犯罪者を追う。
組員は全員同じ型の刺青を身体のどこかに刻んでいる。
旧き信仰、「正義を執行する神」ジュリノク=ゾーラを掲げる。


◇◆ユリャン山脈◆◇
アルシュント大陸の南方を南北に(縦に)両断する山脈。
標高自体はそれほど高くなく、年中雪が積もっているなんて事は無いが、
地形が荒っぽい上に山賊・猛獣が巣くうため容易に超えられないといわれている。


◆シャスヴォル◆
国家元首:総統
南東最先端の国。軍事国家で共産主義寄り。
他国とは貿易以外で関わりを持ちたがらない。
大陸では中ぐらいの大きさ。


◆ミョレン◆
国家元首:王 (空位)
シャスヴォルの北の隣国。小さな王国。
近年は王位争いばっかりしてるため、政はほったらかし状態。
教団とも折が悪い。

  ◇ラサヴァ◇
  湖を囲った町。桃や林檎の産地。
  大きな地下貯蔵庫がある。
  藻を使った料理が主流。


◆―(?)―◆

  ◇ナキロス
  聖地を囲っているため教団から多くの面で支援を受ける町。
  外界とは隔たりがあるにも関わらず栄え、国家からはある程度の自治権を認められている。
  移住者・異邦人に無条件で優しいことで有名。


◆ディーナジャーヤ◆
国家元首:帝王
過去数度にわたる大規模な強奪戦争によって領土を拡大した帝国。
三つの属国とは協定によって関係を保っている。
北・南の共通語が両方とも日常的に使われる唯一の国。

  ◇クシェイヌ城◇
  血なまぐさい歴史を抱える古城。
  元々は忌み地だったが、聖獣が浄化した後に聖地とされた。
  以後、城は再建されている。

  ◇ルフナマーリ◇
  帝都。高地の城を中心とした広大な城下町を誇る。
  城壁と結界に丸ごと囲まれ、東西南北に門と物見の塔が付いている。


 ◆ゼテミアン◆
 国家元首:大公
 ディーナジャーヤの属国の一つ。協定に従い、帝国に鉄を献上する。

  ◇ウペティギの城(?)◇
  ゼテミアンの旧家の一つが代々住んできた辺境の城。
  現当主の方針で、幾つもの罠に厳重に守られている。


 ◆ヌンディーク◆
 国家元首:大公
 ディーナジャーヤの属国の一つ。協定に従い、帝国に宝石を献上する。

  ◇イマリナ=タユス◇
  ヌンディークで最も人口の多い、川沿いの都。
  貿易の重要な中心地であると同時に闇商売も盛ん。


 ◆ヤシュレ◆
 国家元首:大公
 ディーナジャーヤの属国の一つ。協定に従い、帝国に奴隷を献上する。


◆都市国家郡◆
国家元首:それぞれの市国に王
現在は五つの都市国によって構成される。
あまり実り豊かとは言えない中東~東北の土地を座標とする。

 ◆カルロンギィ◆
 渓谷に並ぶ里をまとめた国。交通手段は徒歩か山羊。
 かつては別の国の支配下にあったが、
 その国が滅びた後に自由になったと言われている。


 ◆シウファーガ◆
 オルト王子が人知れず掌握しているらしい国。


◆ファイヌィ列島◆
国家元首:それぞれの島に領主
南東海岸沿いの小さな国。ミスリアの出身地。
環礁が多く、漁業が盛ん。年中春みたいな気候。


◆ウフレ=ザンダ◆
国家元首:?
対犯罪組織ジュリノイの拠点でもある国、旧信仰が盛ん。


◆ヒューラカナンテ◆
教団本部がある。現在は無国籍地帯だが、教皇領にせよとの呼びかけもある。
肉は主にターキー、ウサギなどを育てて食す。





[本編目次]

拍手[1回]

PR

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

01:47:34 | 補足 | コメント(0) | page top↑
<<06.a. | ホーム | 自称物書きさんに100の質問>>
コメント
コメントの投稿













トラックバック
トラックバックURL

前ページ| ホーム |次ページ