忍者ブログ
18.j.
2012 / 12 / 19 ( Wed )
 イトゥ=エンキはゲズゥの方に視線を投げた。
 彼は既に壁から離れ、振り上げられた凶器の延長線上を外れている。

「折れた」
 ゲズゥは、イトゥ=エンキに向けて心なしか申し訳無さそうに呟いた。折れた直刀を見せるようにして差し出している。
「あー、気にすんな。別に値打ちもんじゃねーし。お前のでっかい剣は保管スペースに置きっぱなしだからな、そいつで我慢させてこっちこそ悪いな」
「……いや。助かった」
 彼は軽く目礼を返した。

(あら、素直)
 どうやら直刀はイトゥ=エンキが貸したらしい。
 ――どういう思惑があって? 
 他の皆も同じ疑問を抱いているだろう。あの人といえば、嫌そうに顔を歪めている。

「ちっ」
 興をそがれたのか、あの人は力を抜いた。それに応じてイトゥ=エンキが鎖を緩め、戦斧は下ろされた。
 これまで傍観を決め込んでいたヴィーナは立ち上がり、騒ぎの中心へ歩を進めた。まずはあの人の腕にそっと触れて笑いかけ、彼の表情が和らいだ後、ヴィーナは残る二人の方を向いた。

「あなた達いつの間に仲良くなったの?」
「仲良くはなってませんて。すれ違いざまに渡しただけですよ」
 食えない笑顔で、イトゥ=エンキが否定した。
「それより、提案があります」

「おう、儂もおめぇが何考えてんのか聞きてぇなぁ」
 あの人のやんわりとした威嚇にも、イトゥ=エンキはまったく動じなかった。
「はい。ただの試合じゃあつまらないから、条件付けませんか? もしソイツが頭に勝てば、二人を無傷で送り出すってことで。聞けば、西へ進みたいんだそうです。ついでにそこの坊(ボン)の命もオマケにつけるってどうですか」
 彼は床に転がる貴族の五男坊を指差した。元はといえばゲズゥはその男を助けようとしていたはずである。

「いいんじゃない、賭けるモノがあった方が断然面白いわ」
 ヴィーナはすかさず賛成した。
 戦闘種族同士が本格的に決着をつけるというのなら、それだけで退屈しないだろう。ただ、ゲズゥは淡々とした性格のまま、戦闘に於いてもどんなに劣勢になっても一貫して冷静である。ヴィーナとしては彼がもっと必死になっている姿も見てみたい。

「ほう、では負けたら三人とも人生をわしに預けるってことでいいんだなぁ?」
「ん。そこんとこどうよ? ミスリア嬢ちゃん」
 イトゥ=エンキの一声で、全員の注目が後方の小さな女の子に集まった。ヴィーナが着せた衣装のままだ。何度見てもよく似合っていて可愛い。

 急に話を振られたミスリアは三度、瞬いた。まるで三人分の命を背負う覚悟を、一人ずつ決めたように。
 彼女はゲズゥを一瞥し、そして茶色の眼差しをあの人に注いだ。

(断れる訳が無いわよね、他に取引に使える材料が乏しいから)
 彼女にとっては苦渋の選択かもしれないが、選択肢が一つしかないのだから、どうしようもない。可哀相だと思うよりもプレッシャーに潰れて泣き出す様を見てみたい気もするが、そうはならなかった。
 巨漢を見上げたまま、少女のピンク色の唇が花びらのように静かに開いた。

「条件を受けましょう。約束します。お互い決して破りませんよう、この場に居る皆様と、イトゥ=エンキさん、貴方が証人です」
「任せろ」
 左頬に鮮やかな紋様を持つ男がニヤリと笑った。

「決まりだ。明日、夜が明けたら開始だ」
 あの人もいつの間にか楽しそうにしている。観衆も大盛り上がりだ。ヴィーナとて自然に顔が綻んだが――ゲズゥだけが顔をしかめたのが、視界の端に映った。

_______

 冷たく湿った部屋の中でそこだけが暖かそうに見えたのは、あの淡い金色の光の所為に違いない。少女の小さな背中を眺めつつそんなことを思った。
 ゲズゥはミスリアと背中合わせに床に腰を下ろした。宴は再開され、そのため今は此処には誰も居ない。

「きゃ! あ、ゲズゥですか……」
 一度吃驚して震え上がったのが背中越しに伝わる。
 ミスリアは先刻拷問を受けていた男を自分の手で介抱していた。水と少量の食べ物を与えたらすぐに眠ったので、今のうちにバレない程度に聖気を当てているらしい。
「……すみません。貴方ばかり、危険な目に」
 展開されていた聖気が消えたのと同時に、ぽつりと謝罪の言葉が響いた。

「どうせ、成り行きに任せようものなら不定期に拘留されただろう。むしろ願っても無い話だ」
 ゲズゥは肩から振り返った。
 何を思うわけでもなく、少女の柔らかい栗色の髪を一房、指ですくった。――暖かい。するりと、ぬくもりが指の間から逃げる。
 驚きに彩られたミスリアの瞳が見上げてきた。

「――万が一俺が死んだら、模様の男と結託して逃げろ」
 言うかどうか迷っていた言葉を、やはり言うことにした。
 負けたら終わりなのだから自分は負けはしないだろう、と思う。しかし、それはありのままの現実を無視した精神論でしかない。

「そんな悲しいこと言わないでください」
「悲しいも何も、現実に有り得る。対策は必要だ」
 ミスリアが俯いた。
 物分りがいいのだから、こちらの意図は充分に伝わり、何が正しいのかもわかるのだろう。

「貴方が死んで、私だけ生き残るのは、ダメです」
「…………」
 わかったとしても、受け入れないらしい。それはミスリアが後を追って無駄死にしたいという意味ではないだろうが、真っ先にその考えにたどり着いた。
「そんな命の懸け方は……ダメです」
 ミスリアの声は震えていた。

「せめて私も戦えたなら、良かったんですけど……」
「詮無いことを言うな。役割分担と思えばいい」
 ミスリアは、そもそも用心棒のような役割をあてがう為にゲズゥを探り出したはずだ。
「……はい。ですから何としても一緒に、生き延びます。お願い、します」

 ゲズゥは前を向き直った。心のどこかで、この反応を予想していたのかもしれない。それに対して、はっきり何とは言い切れないようなもやもやとした感情が沸き起こる。

「ひとつだけ訊きたい。お前は例えば他の誰とも知れない人間が処刑されるとしても、止めたのか? 自分にとっての利用価値など抜きにして」
「それは――偶然、見ず知らずの人間が処刑される場面に通りかかる場合……ですか?」
「ああ」
「……そんな状況にならないとわかりませんが、何もせずに見過ごしたりは……しないと思います」

 澄んだ声が、静かに告げた。
 即ち、何も見返りを求めていなかったとしても、ミスリアは無償の慈悲で助けてくれたかもしれない、と。そう思うと何故か嫌な気はしない。

「お前みたいな人間がもっと多く居たら、或いは……」
「?」

 ――或いは、生き苦しくない世界であったかもしれない。
 喉まで出掛かっていた言葉を飲み込み、ゲズゥは立ち上がった。

「もう寝る」
 話を打ち切り、踵を返した。
「……はい。お休みなさい」
 ミスリアは、別れを仄めかす言葉を口にしなかった。

拍手[0回]

PR

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

19:16:22 | 本編 | コメント(0) | page top↑
<<18 あとがき&19 前書き | ホーム | 名づけバトン>>
コメント
コメントの投稿













トラックバック
トラックバックURL

前ページ| ホーム |次ページ