忍者ブログ
66.d.
2017 / 01 / 01 ( Sun )
久しぶりに拝む太陽は、ひどく眩しかった。季節感など一切無い地下牢で過ごしてきただけに、夏の気温には凄まじいものを感じる。
 ぐらりと眩暈がして、ミスリア・ノイラートは道端にあった木箱の上に座り込んだ。

「大丈夫?」
「暑いですね」
 迎えに来てくれた友人に向かって弱々しく笑う。傍に居るのは彼だけだ。
 出所の日程と手続きは秘密裏に処理したものだから、外部から聞きつけた人間は誰もいない。三年も経てば世間も「世界を救った聖女」の行方に興味を失うのだろう。その代わりに、大聖女も地に還っただとか天に昇華しただとか聖獣が恋しくなって極北の地まで後を追いに行っただとか、おかしな噂だけが飛び交っているのだとカイルは教えてくれた。

「これでも三年前よりはずっと涼しいんだよ」
 カイルはそう言ってハンカチで顔の汗を拭った。おいで、と彼はミスリアの手を取り、建物の影の方へと誘導してくれた。
「目、慣れそう?」
「まだしばらくは眩しいかと。光だけじゃなくて、音も……世界ってこんなに色んな音がしてたものなのかと、再発見してます」

 通り過ぎる馬車の音、露店で値切り合う人々の声。頭上を通り過ぎる鳥の鳴き声、子供たちが走り回る足音、洗濯物を干しながら歌う女性の声も、全てが頭の中で大きく響いている。
 地下牢では自分と看守のが作る音以外には、鼠の鳴き声くらいしか聴いていなかった。
 それに匂いだ。漂う重厚な匂いが何なのかは特定できないけれど、空腹感を刺激するものには間違いない。ぐうっとお腹が悲痛な音を出す。

「引き留めてごめん、すぐに終わるから。その後に一杯美味しいもの食べてね」
 友人は爽やかに笑った。三年ぶりともなると、懐かしいとさえ感じる笑顔だ。そして、また見れて嬉しい。
「い、いいえ。お忙しいのに、私の為にわざわざ来て下さってありがとうございます」
「これをどうしても手渡したくて」
 懐の中から、カイルがネックレスのようなものを取り出した。

「それは……」
 続く言葉を紡げなかった。
 しゃりん、とカイルの掌から大きな影が流れる。チェーンから転がり落ちるようにして垂れた形は、聖獣信仰を象徴するもの。銀細工に、二つの水晶を取り付けたもの。
 元々二つ持っていた銀細工のペンダントは、小さい方は旅の道中でいつの間にか紛失してしまい、そして水晶の施された大きい方は聖獣に取り込まれた時に、失われた。その後教団に帰還して、新たに賜った――水晶も、新しくいただいた『鱗』を使って。

「君はもう教団に属する聖女ではなくなったけど、本質は今でも聖女だよ。役職を返上しても聖気が全く扱えなくなるわけでもない。君にはこれが必要だって、教団と掛け合ってきた」
 ありがとう、とカイルを見上げて唇でなぞった。受け取ったアミュレットの重みと僅かな温かさが、心の中で忘れていた感情を引き出した。胸元に、大切に握り締める。

「……やっぱり、私には必要ですね。牢の中には魔物の前兆が数多く視えました。視えても浄化できなくて……」
 体内の聖気を一度根こそぎ失ったミスリアは、以前と違ってアミュレット無しでは聖気を扱うことができなくなっていた。刑務所の残留思念とは語り合うことしかできず、彼らを送ることはできなかったのがずっと悔しかったのだ。
「自由の身になれて、おめでとう、ミスリア」
「はい」
 アミュレットを首にかけて、ゆっくり立ち上がる。ふらつきそうになると、カイルがそっと肘を支えてくれた。

「僕からの用事はこれだけだよ」――彼はポケットウォッチを取り出して時刻を確認する――「ちょっとこの後も予定が入っててね。晩御飯なら、一緒できそう」
「はい! 楽しみにしてます」
 カイルは目を細めて笑った。
 そして何故かわざとらしく、何かを気にするようにちらちらと肩から振り返る。

「待ち人は角の方に居るよ。早く行ってあげて」
「――!」
 パッと心の中に広がった悦びに、頬は緩み、声は出なかった。対するカイルは微笑ましそうなものを見る顔になった。
「じゃあ、また後で」
 手を振り合って、別れる。既にミスリアは小走りになっていた。

 とはいえ独房生活が長すぎた。走る為の筋肉は衰え、何度も情けなく転びそうになる。逸る気持ちをなんとか抑え、建物脇の樽などを支えにして、少しずつ確実に歩を進める。
(どうしてこの角に?)
 すぐに疑問は解決された。
 井戸から汲んだ水を、頭から豪快に被っている青年の姿がそこにはあった。

 本物だ、と直感するまでに大して時間は要らなかった。
 速まる心臓の音が耳の中で響いている。その場に縫い付けられて、動けない。
 地面に流れ落ちた水が一筋、するするとミスリアの足元まで伸びる。
 青年が顔を上げた。次いで、目が合った。

 深い黒をたたえた右目と、白地に金色の斑点が散らばる左眼。
 何も無い闇の中でも、忘れられずに焦がれた――幾度となくミスリアの胸の内を掻き乱した眼差しがすぐそこにあった。
 青年が目にも止まらぬ速さで動いた。

「ストーップ、兄さん! 濡れたままじゃ可哀想でしょ! 拭いて! ほら!」
 間に大きな布がバッサリと入る。
 派手に光沢を放つ服を纏った人物の後ろ姿を認めて、ミスリアは嬉々としてその名を呼んだ。
「リーデンさん!」
「や、久しぶり」
 くるりと振り返った青年は、記憶の中の像を楽々と飛び超えるほどの美貌だった。三年の間に色気に磨きがかかって、同時に男性としての凛々しさも濃くなっている。何より、サラサラの銀髪の襟足が大分減っていたり、短くなっているのが印象的だ。

「髪切ったんですね。すごく似合ってます」
「そうでしょー? 君は髪、伸びたねぇ」
「早く切ってしまいたいです」
「その長さも似合ってるよ」
 リーデンは何気なく、栗色の髪を幾筋か手に取って撫でた。気恥ずかしいけれど、そういえば彼はこういう人だった、と思うと嬉しくなった。

「そうそう、外に出たら、最初に何がしたいとかある」
「お風呂……お風呂に、ハイリタイ……です」
 うじゃうじゃと伸びてしまった髪なんて、汗や泥が固まっていて変な臭いまで発している。唐突にそれを思い出し、リーデンからサッと距離を取った。つい井戸の方へと目が行った。そのまま飛び込みたいくらいに、お風呂が恋しかった。

「あははは、他には?」
「温かくて柔らかいご飯をお腹一杯食べて、広い野原で散歩して、それから――」
 指折り数えている最中に、地面から足が離れた。
「きゃっ!?」
 強烈な抱擁に捕えられている。うなじ辺りに、吐息を感じた。

「汚いってさっきから言ってるのに――! 放してください! ゲズゥ!」
「お前は抱き着くつもりじゃなかったのか」
「そ、そうでしたけども! 改めて考えてみると汚いんです!」
 彼はこちらの抗議など聴こえていないように、抱き締める力をまるで緩めない。苦しい。けど、気持ちいい。

 心臓が口から飛び出しそうだ。
 極め付けには、いつか法廷でしてくれたように耳に口を寄せて「あいしてる」と低い声が伝えた。
 あの時は、三年も会えないという悲しい気持ちに後押しされて「わたしもです」と言えたのだが。こうしていると、気恥ずかしさが爆発する。ついでに、すぐ近くでニヤニヤ笑っている絶世の美青年の視線も気になる。

 けれども、やはり心地良いのである。地に下ろされた頃には怒気はすっかり消え失せていた。
 また目が合った。今度は、迷わずに笑いかける。

「生きてくれてありがとうございます。逢いたかった、です」
 すると、「知ってる」との笑顔が返った。
 頬をなぞる大きな手は、記憶の中よりも冷たい。黒い髪も伸びていて、肌の色素もこころなしか薄くなっている。
 互いに痩せ細ってしまったものだ。でも、また巡り逢えた。それだけで、涙が溢れるほどに嬉しかった。

「貴方は変わりませんね」
「お前は少し大人びたな」
 しばし、体温を確かめ合うような口付けを交わした。
 拍手の音で、我に返る。それをしていた当人、絶世の美青年は、妖しげな微笑みを浮かべていた。

「とりあえずそうだねー、思い付く限りのやりたいことをやり尽くしたら、結婚でもしたら」
「けっ……!?」
 何てことを言い出すのか、とミスリアは仰天した。
「だってさー、もう聖女さんって呼べないんだし。だから今度は姉さんって呼ばせてよ」
「なるほど」
 と、あろうことかゲズゥは納得したような顔をしている。

「からかわないでください!」
「僕はいつだって大真面目だよー?」
 いけない、肩で息をしていたら、またふらりと眩暈がしてきた。倒れようにもガッシリと腰を抱える腕があるので、その点は平気だった。
 はあ、とミスリアは呆れてため息を吐く。次に、深呼吸した。

(――結婚、か。それって、ずっと一緒にいようって家族と神々の前で誓うってこと……)
 落ち着いてちゃんと想像してみると、そこに抵抗感は全くなかった。
 同年代の友達が己の結婚式や花嫁姿について夢を語っていた頃、ミスリアはただ聖女としての使命のみを想って生きていた。
 けれど、今は。隔てるものが何も無い。

 身分や立場も、運命も、迫り来る命の危険も。独房の壁だって、取り除かれている。真実、自分たちは好きなように生きられるようになった。
 カイルに言った通り、自分の望みは――
 それを語るべき相手を見上げる。
 じっと見返してくる左右非対称の瞳は静かだった。密かに、勇気をもらった。

「私は前に、離れるのが怖いからと、貴方を突き放そうとしました。でももうそんなことは考えません。死に別れる時は明日かもしれないし、もっと遠い未来かもしれない。それでも最後の瞬間まで一緒に居てくれませんか」
 ゲズゥは二度、瞬いてから答えた。
「引き受けた」
 ふわりとまたその腕に包まれる。先ほどよりも優しくて、温かい抱擁に。

「当然だ。お前の帰る場所は、俺の傍にしかない」
「はい。これからもよろしくお願いします、ゲズゥ・スディル氏」
 ミスリアは抱き締め返す腕に力を込めた。いつまでもそうしていたかった。
 ふと目を閉じると。
 幸せになってね、と言ってくれた姉の声が脳裏を過ぎった。

 ――お姉さま。どこかで見ていますか。貴女の代わりに私たちが、やりましたよ。そして今は貴女が望んだ通り、私は、幸せです――

_______

 かつて、青年と少女は旅に出た。
 世界を救った旅だった。
 やがてその旅も終息すると――罪人と聖女であった青年と少女は只人となって、人知れず彼らの物語の続きを紡ぐのであった。

拍手[9回]

PR

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

00:45:52 | 本編 | コメント(0) | page top↑
66.c.
2016 / 12 / 31 ( Sat )
以前はどんな立場であったにしろ、囚人は囚人だ。看守は、囚人の生死を握る者としての薄暗い優越感に浸るのが好きだった。
 だがこの二人はどうもおかしい。

 男の方は朝から晩まで、腕立て伏せやら逆立ちやらしている。かと思えば、反復横跳びや側転などをして汗を流していることもある。一日一回の貧相な食事でどうやってあの体力を保っているのか、謎でしかなかった。逆に運動をしていない時は、死んだようにじっと静かにしている。

 それにしても、独り言のひとつも漏らさないのは人としておかしい。相手が居ない時、人は会話への意欲を独り言を呟くことによって満たすものだ。この男は他者と会話する欲求が無いのか。それとも看守の知らぬ内に満たしているのか。

 そして女の方。女と言ってもまだ十代半ばのほんの少女で、牢獄に閉じ込めるのは惜しい可憐さである。看守も、劣情を催したことは何度かあった。だが囚人相手に欲を抱くのは浅ましいと考え、いつも一線を越えずにいる。万が一行為に及んでそれが露見しようものなら、ジュリノク=ゾーラを主神とする集団に苛烈な処罰を下されることだろう。

 このような可憐な少女があのような不気味な男の為に自ら囚われの身となるのか。世の中とはよくわからない。
 若い男の方と違い、少女は一日のほとんどを喋って過ごしていた。喋っていなければ、歌っている。
 ある時看守は少女に訊いてみた。その歌は何だ、と。
 聖歌です、と答えた少女は、聖歌集の何ページに載っている歌なのかまでを教えてくれた。

「どういう歌だ」
「春に咲く花々への感謝の歌です。今年も咲いてくれてありがとう、って」
「いい歌だな」
「いつか機会があれば、ご覧になってみてください」
「おら、字が読めねえんだ」
「そうですか、残念ですね。もう少し明るかったなら……ここで文字を教えてあげられたんですけど」
 看守はそれには答えなかった。
 本当は、前々から字を学びたいと思っていた。だが関わりすぎたって、情を抱いたって、どうせ遮断独房の囚人は長くもたない――そう自分に言い聞かせて、その場を去った。


 それから一年経っても二年経っても、三年目になって既に他の独房では何度か囚人が入れ替わっていても、二人は相変わらずだった。相変わらず、身も心も健康そうである。
 他の囚人が二言目には何々が欲しいと訴えかけてくるのに、二人は何も要求して来なかった。本が欲しいとも、絵具が欲しいとも言わない。何かを欲しがられたところで与えることはできないが、来る日も来る日も飽きずに似たようなことをして暇を潰せる二人は、相当な精神力を持っているのかもしれない。

 ある時、看守は気になって男に問いかけた。
「おめえ、ずっと喋ってねえんじゃ、言葉忘れるぞ」
 男はかなり長い間沈黙したままだったが、ついに看守が立ち去ろうとした時に、静かに答えた。
「……問題ない。こう見えて、弟と話している」
「はあ」
 死んだ弟の霊とでも話している妄想かね――と、少し哀れに思った。男はきっとやんわりと気が触れ始めているだけだろう、と看守は自分の中で勝手に結論付けた。


 またある時、少女に問いかけた。
「男の方がどうしてるか、気にならねえんか」
「なりますよ、勿論。でも貴方に訊ねたところで、答えてはくれないでしょう」
「当たりめえだ。独房は、孤独も罰なんだ」
「では、あまり私に話しかけない方が良いですね」

「女は寂しいと死んじまうからなあ」
 看守は、ついつい少女に話しかけてしまう自分に言い訳をした。
「寂しくなったら、大切な人たちに次にまた会える時を想い描きます。それに、同じ建物の中で息をしていると想像するだけで、とても幸せな気分になれるんです」
 囚人の少女は穏やかに笑って、また何かを喋り出した。よく聞けば喋っているというよりは唱えているのか、それは祈りの言葉のようだった。

 死者と語らう――と本人は主張している――以外には、覚めている時間はほとんど祈祷に費やしている。
 まだ若いのに。一体どういう人生を送ってたら、こんな風になるのか。聖女とは皆こういうものなのか。
 看守は、これ以上彼らを気にしても仕方がないと悟り、考えるのを諦めた。
 そうして二人の若い囚人が独房で暮らし始めてから、三年が経った――。

_______

拍手[2回]

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

22:18:32 | 本編 | コメント(0) | page top↑
66.b.
2016 / 12 / 31 ( Sat )
「ではそのように計らいましょう。記録係、お願いします」
 猊下の一言から、要人たちは書類を更新する為に大仰な扉の向こうにまた消えて行った。大使は未だに不服そうにしていたが、きっと他の二人が説得して下さることだろう。
 カイルサィートは折を見て席をより前の列の方へと移動した。眼前で、ミスリアたちが会話している。

「もしかして今、ものすっごくうんざりした顔しませんでした?」
「……気のせいだ」
「そうですよね。あ、お礼なら要りませんよ。だって私たちは迷惑かけたりかけられたり、半永久的に助けたり助けられたりする仲ですよね」
 にこやかに宣言する少女。ハッ、と青年は微かに笑ったようだった。

「ああ、礼は言わない。十五年が三年になったのは、『よくやった』」
 褒められたミスリアは満面に微笑みを浮かべる。それからしばらくして、俯いた。
「三年なんてあっという間ですよね」
 自分に言い聞かせるような声色だった。

「出逢うまでの二十年に比べると、随分と長そうに感じるが」
「い、いくらなんでもそれは大袈裟ですよ……」
「事実だ」
 ――ジャラリ。
 瞬きの間に、ミスリアが移動していた。手足を鎖で繋がれている青年に、人目も憚らずに抱きついたのである。
 観衆はひそひそ話を繰り出したが、大っぴらに口を出す者は居なかった。そこには、第三者がおいそれと侵せないような空気が流れていたからだ。
 二人は互いに何かを耳打ちしてから、離れた。

「生きていて、くださいね」
「そっちこそ。石みたいな味の飯が出ても、残らず食うことだ」
「任せてください。石でも砂でも、最後の一粒まで食べます!」
 それには、傍観していたカイルサィートが思わず噴き出した。二組の双眸が驚いてこちらを向く。

「ああごめん、邪魔するつもりじゃなかったんだ。でもミスリア、砂は食べなくてもいいんじゃないかな」
「砂は栄養に……なりませんか?」
 これから長い年月を独房で過ごさねばならないというのに、彼女は実に楽しそうに手を合わせてくすくすと笑っている。つられて、カイルサィートも自然と笑んだ。
「君たちは変わったね。なんていうか、明るくなった感じがする。楽しそうで何よりだよ」
「ありがとうございます。カイルも、また会える日まで絶対に元気でいてくださいね」
 少女が両手を前にして歩み寄ってくる。なのでとりあえず伸びてきた両手を取って引き寄せ、意味もなく笑い合う。
 その間、脳裏では少し前の会話を思い返していた。

 ――カイル、私は聖女であることが誇りです。でも大義を果たせた今、新しい目標に向かって歩みたい。これからの私が望む人生、は――
 
 気が付けば小さな手をぎゅっと握り返していた。

「うん。君たちは、君たちの好きなように生きればいいんだよ。これまで一杯、頑張ってくれたんだから。後のことは僕たちに任せて……魔物信仰の残党対策も、ね」
「はい、頼りにしてます」
 でも無理だけはしないでくださいね、とミスリアは小声で付け加えた。「秘術って寿命を消費して使うものだとか」
「え、そうなの? それは初耳だよ」

「全知全能空間から持ち帰ってきた、ほんのちょっとだけの知識です。実は術式も幾つか憶えてるんです……」――そこまで言って、ミスリアはキッと眉根を寄せた――「でも教えません。カイルも、たとえ今後出世しても、長生きしてくれないと嫌ですからね。秘術は使っちゃダメです」
「ありがとう。善処するよ」
 ぎぃいいい、と扉が大きく軋んだのを合図に、ミスリアがトコトコとゲズゥの傍に駆け戻った。

「君も、またね。三年間頑張って」
 無言で佇む青年にも、カイルサィートは挨拶を投げかけた。
「……そうだな。こう何度も再会できたなら、おそらくまた会えるだろう」
 と、彼はつれないながらもちゃんと返事をくれた。

 やがて組織の成員が近付き、二人の身柄をそれぞれ確保した。
 彼らが自身の決断により引き離されてゆくさまには、言いようのない哀愁があった。

_______

 首都の外れの刑務所にある「遮断独房」は、去年から三人の囚人によって使用されている。中年の男が一人、若い男が一人、そしてなんと若い女が一人居る。
 三人の内、中年の男はもうそろそろ駄目だろうと看守は踏んでいる。近頃は食事を持って行く度に必死に会話をしてくるのだ。看守は気の向く程度にしか受け答えをしないし、あの男とは何を話しても面白くないので、無視している。このまま行けば囚人は発狂するしかないだろう。

 残る二人は妙に平静を保っていて、気味が悪いくらいである。
 二人がこの牢獄に居ることは極秘事項だ。なんでも男の方は一時期世間を騒がせた「天下の大罪人」で、女はその懲役を共に負担しているとのことだ。女は以前は世界を救った聖女だと言うらしいが、看守には世界が救われたという実感がそもそも無かった。町中の人間が聖獣の姿を見上げて感動していた間、彼はただ黙々と仕事をしていただけである。

拍手[5回]

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

14:07:20 | 本編 | コメント(0) | page top↑
66.a.
2016 / 12 / 31 ( Sat )
 かつて、天下の大罪人と呼ばれた青年が居た。
 かつて、最年少で聖獣を蘇らせる旅に出た少女が居た。
 出会いはいつだって変化を呼び寄せる。
 大陸の民が辿りうる軌道が、変わった。これからの数百年の未来に渡り、人々がこの変化を活かせるかは、まだ誰にも視えない――

_______

 そんな二人が伝説の聖獣に連れられてヒューラカナンテ高原に生還してから、半年余り巡って、季節は夏になっていた。大陸の南半分が通常よりも涼しい気候を楽しめている一方、北半分は例年に無い熱波に襲われている。

(暑い……)
 聖人の正装、幾重にも重なる白装束が恨めしい。カイルサィート・デューセは、誰も見ていない隙に掌でパタパタと首元を煽いだ。
 此処はウフレ=ザンダの首都の一角にある裁判所だ。要人たち――シャスヴォル国、対犯罪組織ジュリノイ、そしてヴィールヴ=ハイス教団それぞれからの代表者――が会議室に篭ってから一週間が経った。

 結論が出るまでに、相当な時間がかかっている。これは判断材料が揃うまでの期間を含めての計算だ。冤罪の疑いがあるところを徹底的に調べ直し、晴らせる罪は片っ端から晴らすべきだと、ジュリノイと教団が取り決めたからである。
 そう思うと、半年はかなり急いだ方だと言えよう。

(目まぐるしい半年だったな)
 あれから尊き聖獣がどうなったのかと言うと――余力を残して、一月ほど教団を拠点として活動したのだった。ランダムに飛び回るより、『汝らの示す優先度の高い場所を祓う』と、教団に意見を求めてきたのである。

 何故そのような判断をされたのかと教皇猊下が訊ねると、単に現在の大陸を導く宗教団体にはそれをこなせるほどの組織力があるから、活用するだけだと、聖獣は答えた。その期待に応えるべく、教団は動かせる人材を残らず駆使して情報を集めた。おかげで忌み地はほとんど浄化され、多くの病院に奇跡を振りまくことができた。

 既に聖獣は聖泉の域に戻られている。おそらくはもう、ミスリアが探し当てた泉とは別の場所に眠りについているのだろう。次はいつ、人の世に舞い降りてくださるのだろうか――。
 不思議と、聖獣に最も近かったはずの二人の反応は薄かった。むしろゲズゥの方は、聖獣の話題を出してやると、あからさまに渋い顔をする。何があったのかは詳細まで聞き出せていないけれど、よほど面倒な目に遭ったようだ。

 その時、奥の仰々しい扉が軋んだ。
 一堂に会していた数十人が、緊張した面持ちで顔を見合わせる。が、断罪を待つ当の罪人はこれといって何も感じていないようで、さっきから何度も繰り出している欠伸を更にもうひとつ吐き出すだけである。
 かくいうカイルサィートとて心の準備はできていたつもりだが、胃の奥から拭い去れない不安感が昇ってくる。

「判決を言い渡す。これまで犯した罪から、聖獣復活に向けての働きを差し引いて――」
 シャスヴォル国の使いが声を張り上げた。彼の後ろでは、覆面の人物と正装をした教皇猊下も控えている。
「罪人ゲズゥ・スディル、『遮断独房』にて十五年の懲役を処する」
 法廷にどよめきが走った。
 確か「遮断独房」とは、この国ウフレ=ザンダとディーナジャーヤ帝国でしか使用されていない稀な刑法である。

 その独房は、それなりに歩き回れる程度に広く、厠も備えている。
 問題は名にある通りの「遮断」。音も光も届かない地下の独房にて、食事を与えられる頻度は一日に一度だけ。看守以外の人間と関わることは許されない。

「十五年だなどと、ご冗談を……」
 誰かが皮肉を込めて囁いた。
 外部からの刺激を得られないと、人間は容易く発狂するという。長年の独房生活で衰弱死するよりも早く、孤独に耐え切れなくて自害する囚人の方が圧倒的に多い。
(元々は焼身刑を科せられていたのを思えば、マシかもしれないけど)
 十五年間暗闇の中で我慢すれば、出所した暁には晴れて普通の生活を送れる。しかしそうなると我慢を強いられるのは本人だけではない。

「待ってください」
 また新たなどよめきが上がる。こんな時に誰が異を唱えたのかなど、確認するまでもなかった。
「何でしょうか、聖女ミスリア。発言を許します」
 穏やかに答えたのは教皇猊下だ。
 客席から、白ずくめの少女が立ち上がる。部屋中の注目を一身に集めたまま、通路の階段を下りて行った。法廷の中心、つまりは罪人のすぐ隣まで歩くと、丁寧に一礼した。
 
「ありがとうございます。猊下、頂点(ケデク)さま、並びにシャスヴォル国の大使さま。この者の刑について、私から提案がございます」
「申せ」
 と、覆面の人物が取り合った。
 まだスカートの両端を持ち上げて顔を下げていた体勢から、ミスリアはスッと両手を握り合わせて背筋を伸ばした。隣のゲズゥが、無表情で彼女を見下ろしている。

「ゲズゥ・スディルの刑罰を、私にも負担させてください」
 その日一番のどよめきが沸き起こった。皆が一斉に意見を唱え、私語があちこちで発生している。
 カイルサィートは特に驚いていなかった。友人の決断は、前もって相談を受けたので聞いている。それよりも当事者であるはずなのに何も聞かされていない青年の様子が気になった。そのゲズゥはと言えば、一度目を瞠ってから、物言いたげに目を細めている。

「そんなこと……貴女の一存で決められない! ましてや世界を救った大聖女さまを牢に入れるなど前代未聞だ! 
「私が世界を救ったと言うのなら、彼も同じです」
「聖女と罪人で比べるな! 自分が何を言っているのかわかって――」
「お待ちなさい」
 怒鳴る大使を、猊下がそっと肩に手を置いて制した。反対側の肩にも、覆面の人物の手が置かれた。

「罪人の刑罰を親類などが共に受けるのは、例の無い事態ではない。保釈金の代わりに家族の者を勾留させる場合もある」
「そ、それは短期懲役の話だろう! 遮断独房で十五年だぞ!?」
 覆面の人物は、ふむ、と何かを吟味するように何度か頷いてみせた。

「そうだな、二人で分担するなら半分ずつでひとり七年半になるが、小さき聖女の持つ徳を考えると、ひとり五年――いや三年か。当然、独房は別々だ」
「ご考慮下さってありがとうございます、頂点さま」

拍手[8回]

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

08:08:50 | 本編 | コメント(0) | page top↑
65.j.
2016 / 12 / 30 ( Fri )
 幻にしては受け答えがはっきりとし過ぎている。
 顔が見たい。
 首を後ろに折り曲げんとするも、その試みを制する手があった。
 頬骨に触れる指の感触は間違いなく生身――生きた人間の皮膚だ。雷に打たれたかのような衝撃が、全身を駆け巡った。息のし方が思い出せない。

「…………ミスリア」
 他にどうすればいいかわからず、名を呼んだ。
「はい」
 返ってきたのは、絞り出されたような、苦しげな返事。逆光の所為か顔が翳っていて見えない。
「おかえり……と言うべきだろうな」
「――っ、はい。ただいま、かえりました」
 熱い涙が数滴、顔に降りかかった。左手で拭ってみる。次には手を伸ばした。掌にすっぽりと収まる、少女の柔らかく弾力のある頬の質感は、幻でなければ夢でもない。
 そういえば別れ際では逆の状況だったのを唐突に思い出し、可笑しくなる。

「何で笑ってるんですか?」
 少女が心底不思議そうに訊ねてくる。
「……いや」
 今の心境を表す言葉を、ゲズゥは持っていない。何から訊けばいいのか、何から話せばいいのかも、わからなかった。

「大変だったな」
 だから、労わる言葉を選んだ。
「ありがとうございます。でもゲズゥほどじゃないと思いますよ」
 苦笑が返る。
 ミスリアはそれからゆっくりと話をした。肉体と魂を聖獣に取り込まれた先にあった陶酔感や、自分が元々霊的なものに同調しやすかったこと、聖地を巡ったことにより聖獣との繋がりが不動的な濃さになっていたことなど。

 最初は肉体を残したまま、聖気だけを抜き取られるらしい。そうして魂が融合して、終いには肉体も分解されていく。あまりに時間が経てば戻れなくなる。今のミスリアは、肉体と魂を取り戻せたものの蓄積した聖気を根こそぎ失った、ただの一般人だという。

「聖獣とひとつになると、全知全能になれるんです。物凄い高揚感で……でも私は人間に戻りましたから、真理を手放してしまいました」
「ならどうやってお前は戻って来れた」
 ミスリアはすぐには答えなかった。緩く握った拳を差し出している。そしてくるりとその手を翻し、大事そうに持っていたものを提示した。

「お返しします」
 ギョロリと睨み返す白い眼球。目が合うとそれはバッと跳んで、あるべき場所に収まった。
「……危うく存在を忘れるところだった」
 左の眼窩の前にそっと手をかざす。異物感は、あまりない。
「ご、ご自分の眼なのに。視界を共有してたのでは」
「さあ。言われてみれば、前触れもなく古い記憶の再現を強いられてはいたな」
 あの不可解な行程は、全知全能の存在の中に在ったからなのか。
「というより、いつの間に私にくっつけたんですか?」
「服を返却された時」
 そう答えた途端、そういえば前よりも肌寒い気がして、重ねていた衣類が一段減っていることに気付く。

「すみません。また拝借してます」
 ミスリアはバツが悪そうに舌を小さく出す。上着を借りる為には防寒コートと併せて脱がせる必要があっただろうに。過程を思い出して気恥ずかしくなったのか、早口で話題を変えた。
「えっと、それも、『正解』だったみたいです。元々は魔に通じるものでも、今では根本でゲズゥと深く結び付いているから、聖獣に取り込まれても浄化されずに済んで……ふわふわと漂ってる中、どれくらいかかったのかはわかりませんけど……見つけたんです」
 左の眉骨辺りに、少女の指先の温もりが掠った。

「きれいな眼だなって思ったら――私は、私という『個』を思い出せました」
 涙がまたぱたぱたと落ちてきた。頬を度々打つ優しい圧力が、愛おしいと思った。
「あの化け物は……結果を左右する術が無いと言っていたのも、嘘か……」
「尊き聖獣は、意地が悪いですよね。あのお方にはそういう概念は無いみたいですけど。あそこで貴方が踏ん張らなければ、何も教えず、私を内包したまま飛び立ってましたよ」
 そしてミスリア・ノイラートはこの世から自然と消滅していたことだろう――

「なら俺のしたことは無駄じゃなかった、か」
 ミスリアがふるふると頭を振っているのが、微かな空気の流れから伝わる。
「無駄じゃないです。全然、無駄じゃ、なかったですよ」
 腹の底で渦巻いていた毒の残りが、融けていくのを感じる。

「――逢いたかった」
 はい、と小さな返事があった。鼻を啜る音が続く。
「はい。私も、逢いたかった、です」
 少女の頬に触れたままの掌が、涙の洪水に巻き込まれた。そこにもやはり、愛おしさを覚える。
「聖獣とこの広い大陸を回った。けど結局何処よりも俺は、お前の傍でないと、まともに息ができないらしい」
「私も、貴方の傍でないと、私ではないみたいです」

「この先も離れることがあっても。何処に消えようと、俺はまた、お前を捜し出す」
 ミスリアが強く頷くのを感じた。
「お待ちしてます」
 花のような香りと共に温かな髪が顔にかかり――

 ――額に、そして左の瞼に、柔らかな口付けが落ちた。



呪いの眼、裏で大活躍の巻でした。
甲はガチムチなので太ももかったいんですけど、ミスリアの膝枕はきっと真綿のように柔らかいのだと信じてます。

次で最終話ですよ!! ですよ!? (書こう

聖獣の性格がおかしいのはかなり初期から定まってた事項です。こうして振り返ると、滝神さまは随分と良心的だったなぁ…w

拍手[4回]

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

23:58:49 | 本編 | コメント(0) | page top↑
65.i.
2016 / 12 / 30 ( Fri )
 これは死ぬ。万が一死なずに済んでも、相当痛いはずだ。
 聖獣は一体何がしたいのか、皆目見当が付かない。
 そんなことを思いつつ、落下の最中、肌寒さに震えた。さっきまでは緑の残る暖かそうな地域に居たのに、また移動していたのか。聖獣と共に在ると時間の感覚が歪んでしまうようだ。

 さてどうやって着地すれば少しでも痛くなくなるか、そろそろ対策を立てねばなるまい――と、身を捻って反転した。耳朶を打つ轟音が、近付く地面が、恐怖心を煽る。
 ふいに、視界に大きな動きがあった。
 真下に現れた水晶の並びに驚き、瞬く間に巨大な背の上に座り込んでいた。

『どうだ、我の守護者を務める気になったか』
 などとほざく化け物に対して――
「ふざけるな」
 ――とゲズゥは吐き捨てた。
 わざと恐ろしい目に遭わせてから助け、好感を得る作戦であるならばとんだ茶番である。
 聖獣は悪びれもせずに答えた。

『どの道、これから贖罪に忙しそうだな。致し方ない、何時(いつ)か汝らの子孫を貸せ。それで手を打とう』
「寝言は寝てからにしろ」
『おお、冷たい。我はこんなにも汝らによくしてやったのに。敬わぬか』
「…………」
 もう何も言うまい、とゲズゥは胡坐をかいて瞑想し始めた。一体此処で何をしているのか――再度振り返りそうになる己を律する。

 ――また、逢える。
 希望の形を想うだけで、心は逸り、そして凪いでいった。
 やがて聖泉の域に戻った。先ほどの扱いとは打って変わって聖獣は今度は丁寧に地に降ろしてくれた。聖獣の背の温もりに慣れてしまった後だと、雪の積もった地面はやたらと冷たく感じられる。
 それなりの時間が経っているのだろう、そこにリーデンの姿は無かった。

『個と個の軸が収束した。望んだ結果は、もたらされる』
 ざわりと冷たいものが背筋を這いあがった。これまでに気安く話しかけてきた時とはてんで違う、底知れない畏怖を植え付ける「声」だ。身構え、声の主に向き直る。
 巨大な異形の輪郭が膨張した。間近で見上げると、背景の紫色の空と相まって、奇怪な有り様だった。

 聖獣の顔部分を覆う水晶の群に割れ目が現れた。亀裂はたちまち大きくなり、ついには空洞と化した。空洞の中は六色に煌めいていて奥を覗くことができない。眩しさに、ゲズゥは目を眇める。
 空洞が広がっていく――
 後退った。この穴に捕まってはいけない、本能がそう警告している。
 ――あんなものの中に、望む答えがあるのか?
 霊的な現象に関して決して詳しいとは言えない自分にも、あの「口」の異質さには瞬時に気付けた。

『汝の勝ちだ。何故、賭けであったかは自ずと知れよう』
 空洞から光の帯が無数に躍り出す。避けようにもそれらの追跡はあまりに速く、あっという間に抱き込まれた。
 形容のしようがない感覚だった。神経という神経が焼かれたかと思えば、微睡みに抱かれ、感情も思考も響かない海に連れ去られた。
 意識を失ってはいない、と思う。しかし目が覚めているとも決して言えないような状態だった。
 ゆらり、ゆらり。限りない海に漂う。

_______

 五感と再び自我が繋がった時、相も変わらず時間の経過がよくわからなかった。
 夜空を見上げているが、記憶の中で最後に見た夜空とは大分違う。月の満ち欠けによれば数週間は経っていそうだ。
 ひどい目に遭ったものだ。よもや、神などの有無に何ら執着せずに生きてきたゲズゥが、神々の遺物とこんな風に過ごすことになろうとは。

 寒々しい空に向かって短いため息を漏らした。白い息が空気に溶け込んでなくなるのを見届けると、その向こうに、摩訶不思議な現象を見つける。
 光がうねっている。幾重もの薄緑の線が伸び、波打って、広がる。時折、色も変化した。
 今更何を見たところで驚くものかと、目を瞬かせる。

「きれいですよね」
 鈴が転がるような澄んだ音が、冬の静寂に波紋を投じた。
 ここしばらくの間にしてきた経験を思えば幻聴だと一蹴したくなるのも仕方がない。思わず片手で、耳を叩いた。
 そして、新たな発見をする。自分が雪の床に寝転がっているのは察していたが、どうにも、頭と首の後ろだけ寒くないのである。むしろ温かくて心地良い。その感触は、押し固められた雪とは比べるべくもなく柔らかい。

「極光(ノーザンライツ)って呼ばれてるらしいです。極北の地でしか見られないそうですよ」
 幻聴はこちらの戸惑いなどよそに、静かに語り続ける。
「そうか。俺は、てっきりあれも魔物の末路かと」
「……自然現象って聞いてます」
 上から柔らかい笑い声が降ってきた。

拍手[3回]

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

14:31:19 | 本編 | コメント(0) | page top↑
65.h.
2016 / 12 / 29 ( Thu )
「迷惑ばかりかけてますね。でももう少しだけ、お付き合いいただけると嬉しいです」
「ああ」
 迷惑はお互い様だと思ったが、言わなかった。
 数分間、静かに茶を啜った。忙しそうに走り回る給仕の姿が視界の端に入る。店にとって最も客の多い時間帯だからか食べ終わった皿がなかなか片付けられないし、支払いもできない――が、急いでいないので、それらは別に気にならない。のんびりと茶を飲み、カップが空になるとまたポットから補充し、食事からの後味をゆっくりと流していった。

「平和ですね」
 んんん、とミスリアは椅子に座ったまま伸びをした。「そういつも劇的な出来事ばかりじゃたまりません。きっとこんな瞬間の為に、頑張ってるんです」
 ――夕焼けの赤みを帯びた少女の横顔はいつもと違って見えた。
 初見では見逃していたが、こうして記憶を再現していると、やや伏せられた眼差しの奥に秘められた情熱に気付いてしまう。

「こんな日がずっと続けばいいのに」
「そうだな」
 はっきりと肯定すると、ミスリアはきょとんとしてから、はにかんだ笑顔を見せた。
 ありふれた日常の中の大して特別でも何でもない日。平穏を望む心を同じくしていると、なんとなく感じられた瞬間だった。


 泣いている、と自覚した時には本来の時間に戻っていた。
 天と地の境界に夜明けの気配が迫っている。おそらく一生の間にそう何度と目にかかれないような眺めだが、感動していられるような心境ではない。
 遥か下の地上に、わらわらと人が集まっているのが見えた。何人かが異変に気付いて、近所の者を起こしに回ったらしい。
 地上の人々は聖獣の後を追うように走り、追いつけないとわかるとその場に跪き、降り注ぐ金色の光に向かって両手を伸ばした。

「なんて神々しいお姿だ!」
「信じられない、尊き聖獣をこの目で見られるなんて……!」
「神々の恵みだ!」
「救済だ! この光景を永遠に記憶に刻んで……いや、絵に起こさないと!」
 悦び、涙する人間が続出する。抱き合う者も居た。

 地上の反応をよそに、聖獣は全く翼を休めない。村の上を通り過ぎると今度は丘の上を飛んだ。山や谷を越え、河を飛び越える。ひたすらに民家の上に聖気を振りまき、瘴気の濃い地を祓って行く。此処がアルシュント大陸のどの辺りに該当するのかは知れない。あれから何時間、或いは何日経ったのかも知れない。

 涙は拭わなかった。
 ミスリアが勝ち取った未来が、伸び伸びとこの下に広がっている。
 価値が無いなんて、本気で思っているわけがない。
 彼女もまた欲を持っていた。それを手放してでも大義に身を投じようと選んだのは、心の広さゆえだ。自身と愛する者たちの平穏な一瞬の為に、ミスリアは頑張った。そこに留まらず、顔も名前も知らないその他大勢の人々の平穏の為にも、頑張りたかったのだろう。

 ――感化されていた。
 ミスリアの目標を応援しようと思っている内に、目標そのものにも感情移入していたらしい。
 かつて姉を真似て聖女になったミスリアは、自分だけの信念を定めようともがいていた。そしてあの日、ポットパイの残りカスを前にして明かした胸の内は、濁りない彼女自身の本心――聖女ミスリア・ノイラート自身の言葉だった。
 ならばゲズゥ・スディル・クレインカティは、何を選ぶのか。半端な覚悟で人智を越えた存在に挑んだのは、何故か。

『可愛いな。ヒトの優柔不断は、何時の時代も可愛い』
 聖獣が笑っているのがわかる。もはや不快感を覚える気力すら沸かなかった。
『そろそろ、形を成せるようだ。吐き出してやろう』
「吐き出す」
 すかさず復唱した。

 項垂れていた頭を素早く上げた。
 この巨大な異形は今何と言ったか。
 ――吐き出す、だと?
 口が無いのにどうやって――との余計な思考は隅に追いやって。

「…………飛行に付き合わせたのは」
 唸るように低い声で問い詰める。
『長時間、我に触れていれば、強制的に穢れが払拭される。汝とその血筋の業はこれのみで浄化できるものではないが、少なくとも、いくらか運命は緩和されたであろう』
 絶句した。
 呆れた、のかもしれない。

「何の為にわざわざこんな真似をする」
 まさか。まさか、最初から。「吐き出そう」と思えば、出せるものだったのか。
『はて。問えば何でも教えて貰えるとでも思うたか。己で考えてみよ、愚か者』
 反論する間も与えられず。

 ――振り落された。



ラストまでがジェットコースターですよとは言いましたが、やっぱ落ちましたね(物理

拍手[7回]

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

06:29:53 | 本編 | コメント(0) | page top↑
65.g.
2016 / 12 / 28 ( Wed )
 存在が危ういから消してやるのが慈悲なのか、とゲズゥは無意識に眉をしかめた。

『消滅するとわかっていて、それを甘受するのが正しいとも限らない』
 聖獣の答えが妙に遠く感じる。意識の境界がぶれているのだと悟った時には、ゲズゥはまた思い出の層に向かって転落していた。


 古い記憶だった。こんなこともあったのかと、すっかり忘れていたほどに昔の話だ。
 ゴミを漁って生きていた頃は栄養失調が普通で、当然ながら身体の免疫力は著しく低かった。おそらくは慢性的に体調が悪かったのだろうが、自身では気付けずにいたのである。そして雨が厳しかった冬の日、ついに弟が高熱を出したのだった。

 丸一日経っても回復の兆しは表れず。このまま死ぬかもしれない、唯一残った家族を失うかもしれない――恐怖にじわじわと蝕まれながら、延々と貧乏ゆすりをしていた。
 ――治れと念じて睨むだけで、治ったならいいのに。
 悶々とする。自分自身が熱を出したことは数えるほどしかなく、適切な対応など当時のゲズゥにわかるわけがなかった。とりあえず、喉が渇いたと言われれば飲み物を見繕い、汗が気持ち悪いと言われれば拭ってやった。

 後は「身体が弱っていると心も弱るからせめて相手の手を握って勇気付けてやりなさい」と母が言っていた気がしたからと、そうしていた。辛いのはわかっている、心配する人がすぐ傍にいるよ、と伝えるのが大事だと母は主張した。
 けれどもそれでは足りなかった。自分よりも小さくてか弱い幼児の手を握る間、己にできることなど何も無いと思い知ったのだった。ならば自然と次の手は決まっていた。

 心臓が引っ掻かれているような痛みを抑え込んで、その場を去った。夜通し咳の所為でうまく眠れずにいた弟の傍を、自ら離れたのである。
 深夜の住宅街を駆け巡り、順に戸を叩いた。話を聞いてくれる相手が見つかるまで、何度も何度も「たすけて」の一言を口にした。そうしてやがては老夫婦を伴ってリーデンの元に戻ることが叶った。
 その夜からしばらく屋根の下で暖かい食事と柔らかい寝床にありつけたが。最終的には自分の幸せを投げ出して、弟の幸せを願った。
 願いは成就しなかった。

 ――お前はこれから何度も間違いながら大人になる――
 父が予言した通りになった。愛する者を守るのは果てしなく難しい、今ならそれが痛いほどよくわかる。
 先祖が、世界が、自分にどんな運命を用意していたのかはわからない。抗って、疲れて、抗って、疲れた。生きることに疲れ果てた頃に、純真な少女と道が交わった――


『神々は材料を与えただけ、料理するのは汝ら人間どもの役目だ。条件が満たされれば我は世界の清浄化の為に飛行する』
 意識の外側から聖獣が語りかけてくる。
『満たされなければ眠り続けるだけだ。どのような世であるかは、その瞬間その瞬間、多くの者の選択肢の果てにある』
「……何が言いたい」

『神々の最大の贈り物は、成長する余地ではないか。不確定な未来こそが、民への祝福であろう』
「ふざけるな」
 沸々と怒りがこみ上げる。成長する余地が魔物と隣り合う日常だと言うのなら、それを覆そうとして奔走したミスリアが滑稽ではないか。

『教団の先人……我に聖気を供給した者ら、そして汝の愛しき聖女が勝ち取った未来を真摯に愛せぬか、愚か者』
 ――そんなもの、ミスリアが居なくならない未来に比べたら然程の価値も――
『偽らずとも良い。己の欲を投げ出してでも、聖女の意思を尊重したのだろう。そこに、汝の想いは無かったのか?』
「…………」
 想いだなどと。改めて考えてみたが頭の中は真っ白だった。

 ふと、漂う空気に新たな風が吹いた。
 記憶の層がドロリと融けては、再構築される。


「今日は楽しかったですね」
 ――ああ、別れてまだそう時間が経たないはずなのに、思い出の色がひどく懐かしい。これは、何時の記憶だろうか。はっきりとは思い出せない。
 ゲズゥは声を弾ませる少女の方を振り向いた。
 自分にとっては楽しくもなんともない日だった気がするだけに、彼女がどうして日差しと同じくらいに明るい表情をしているのかがわからなかった。

「決まった予定が無いからと朝はいつもよりちょっと遅くまで寝て、朝ごはんのパンと一緒に紅茶をいただいて……午前中は溜まっていた繕い物をやっと全部直せました。お昼の後は街中を散歩して、午後のお茶もして、図書館で少し読書していって。夕ご飯はこの通り、美味しいポットパイを食べることができました」
 ミスリアは終えたばかりの食事の跡を満足そうに指差した。こうして並べ立てられると充実した日に聞こえなくもないが。
 食後の茶を口に運びながら、とりあえず相槌を打っておいた。

「いくらこれが大事な目的を果たす為の旅だとしても、私はこんな日がもっとあっていいと思うんです」
 そうだな、とまた些か気の入らない返事をする。
「偉い人とバッタリ会うことも無ければ、浄化や魔物退治の依頼もありません。これで明日までトラブルに遭わなければ完璧ですね」
「言った傍から攫われるなよ」
「別にこれまでだって好きで攫われたわけじゃないです!」
 と、少女は両の拳を食卓に叩きつける。

「……当然」
 適当に言っただけのことに意外に面白い反応を貰えて、ゲズゥはどこか楽しくなった。
「私は被害者です! ちゃんとゲズゥが守って下さらないと……って、責めたいわけじゃなくて」
「事実だ。責めればいい」
「いいえ……何があっても、毎回、助けに来てくれましたから」
 ふふ、と何故かミスリアはそこで朗らかに笑った。



ヘンなトコで切ってすみません。
ちょっと今回の話は もんやり し過ぎかもしれませんが、雰囲気で大体理解していただければ十分です!

拍手[4回]

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

11:50:11 | 本編 | コメント(0) | page top↑
65.f.
2016 / 12 / 24 ( Sat )
「生き延びた敵まで回復しているな」言葉の内容とは裏腹に、女は随分と呑気そうだ。一方、それを聞いた男の方は武器を構えた。「ああ、警戒する必要は無いと思うぞ」
「……どうしてです?」
「もうすぐ集団の統率が崩れるからだ」

 女の視線は、少し離れた位置に居る一体の魔物の元に流れた。銀の素粒子と化して浄化されてゆく個体が大部分を占める中、珍しく、まだそれは存在し続けていた。
 聖獣の半分もの大きさに満たないが、それでもあの魔物は雪崩を引き起こし、人間の倍はある図体である。
「コヨネさま!」
 起き上がるなり、砦の連中が五・六人、異変に気付いてその魔物の元へ駆け寄った。中には指導者たる若い女の姿もあった。ミスリア曰く、指導者はあの魔物の元となった人間の子孫らしい。

 コヨネと呼ばれた毛深い異形は暴れに暴れた。摂理に抗わんとするように長い足と三股の尾を激しく振り回し、地を穿っては近くに来た人間を手当たり次第に殴り飛ばした。数人が取り押さえようとするが、無駄だった。
「どうしてこんな……! いやだ、いやだよ」
 ほんの数日前にミスリア一行を翻弄した得体の知れない女が、もはや見る影もない。情けなく泣き叫びながら、女は生傷が増えるのも厭わずに魔物に飛びついた。

 当のコヨネさまとやらは、どうやら聖気の効果から逃れられないようだった。暴れ疲れたのかそれとも浄化されるという末路に安らぎを見つけたのか、段々と動きが鈍くなっている。

「まだだ、まだぼくらはあなたの求めていた答えに至れていない! いかないで、コヨネさま!」
「そうっす、消えちゃダメっすよ!」
 未練がましい叫びが方々(ほうぼう)から上がる。
 やがて魔物の動きが完全に止まった。その時点では、魔物の体積が五分の一ほど削られていた。

 魔性のモノが咆哮が夜空を裂いた。
 応えのつもりなのか、聖獣の腹から衝撃波が発せられた。その波にさらわれる寸前、コヨネは頭をもたげて凶悪な歯を見せたが――
 ――破裂した。

 思わず膝立ちになった。一瞬の眩しさに耐えかねてゲズゥは目の前に手をかざす。
 ――優位性は確立された。
 敗者の群れが、膝をついて呻き出す。彼らの周りでは、大事だったモノの残滓が天に向かって昇華している。

「偶像を奪われた信仰集団など恐れるに足らず。聖女の為に時間を稼いだのが、実を結んだようだな」
 対犯罪組織の女が連中の動きを遠巻きに見張っている。激情する者も、徐々に現れていた。
 この瞬間を見計らったかのように、烏の鳴き声が響いた。組織の頂点が飼う大烏が、悠然と空を横切ってくる。おそらくは応援要請への返答を持っているのだろう。
 
 そこで聖獣が動き出したため、二人が手紙の返事を開けるのを見届けることはできなかった。
 大空を馳せる。
 物凄い風圧を伴い、息継ぎをする間も与えられない速さである。
 なんとなしに振り返ると、銀色の軌跡がついて来ていた。聖獣が通った後の地上から、次々と魔物が浄化されているからだろう。

 振り撒かれる金、浮かび上がる銀。
 否応なく存在を終えさせられる者共の迎える末路は、悪夢のように美しかった。
 心の蓋がこじ開けられ、感傷を呼び起こされる。確かに、哀れだと思う自分も居た。まだ旅を始めたばかりの頃――あるべき状態へ生き物を導いていくのが聖気なら、そのあるべき状態は誰が決めるのか、とミスリアを問い詰めたことを思い返した。

 自分は聖なるものと相反する側の生き物なのだと思い出させられる。

「砦の周辺を念入りに旋回したのは、際立って穢れていたからか」
 囁く程度の声量で問うたが、どうせ聴こえているのはわかっていた。
『否。あの者らが可愛いからだ。特にコヨネ・ナフタという女、あれの魂は、確実に送ってやりたかった』
「…………」
 リーデンが言っていた「性悪」という感想が、脳裏に蘇った。

『死後の旅路で、悔しがってくれるのではないかと思ってな。志半ばに倒れ、その遺志を継いだ子孫の作った組織も、この通り壊滅に追いやられた。年端も行かない聖女の働きでな』
 ますます、この答えからは、楽しそうな印象を受けた。だが次にはそれが、慈悲のようなものに変わる。
『アレらは、存在が危ういものだ。いかに自我が混濁していようとも、根本的には自覚していたさ。いつでも消滅しうるのだとな』

拍手[6回]

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

23:58:31 | 本編 | コメント(0) | page top↑
65.e.
2016 / 12 / 23 ( Fri )
 死というものを理解したのも、この一件がきっかけだったはずだ。父はそれからゲズゥにもわかるように丁寧に生き物の死を説き、最後には人手を呼んで死体を片付けさせた。

「供養する。柳のところまで運べ」
 あの大きな柳が村にとっての墓場だと教えられたのも、この時だったかもしれない。確か、死体が埋められるまでの流れも見せられた。そのプロセスよりも、柳にまとわりつく空気に気圧された記憶がある。

「此処に生きる我らの一族は……同胞だけでなく敵の血肉をも養分にして、存在し続けている」
 弔いが終わった時に父が呟いた言葉の意味を当時は理解できなかったが――今なら、わかる気がした。

「お前はこれから何度も間違いながら、大人になるだろう。よかれと思ってやることが望む結果をもたらすとは限らない。どんなに願い、奪っても、愛する者を守れないかもしれない。だがいつだって心折れている暇は無いぞ。立ち止まっている間にも、状況は悪化するものだ」

「……わかった」
 子供の枠に収まった己の身体と口を通して返事をした。最後の言葉だけは、現在のゲズゥに向けられているものに思える――
 ぐにゃりと、思い出を囲う色が褪せていった。


 気が付けばそこはまた聖獣の背中の上だった。
 意識が現実に再び繋がれて最初に考えたのは、大陸を一周するのにいかほどの時間が必要だろうか、だった。聖地の中に「聖獣がこの野原で休んだ」と言い伝えられている場所もあるくらいだから、ずっと飛びっぱなしではないのだろうと思いたい。

 ゲズゥは四つん這いの姿勢で周囲を見渡した。薄闇の遠景に建物が見える。目を細めて凝視すると、ごく最近に見たばかりの形の砦であることを知る。
 魔物を信仰する集団が拠点としている場所。ミスリアを攫った、腐った連中の巣窟だ。

 突如、聖獣の身から光の粒が溢れ出した。
 細雪を彷彿とさせる光景である。金色の光が一斉に地に降り注ぐさまを、ゲズゥは呆気に取られて眺め下ろした。
 それらが降りしきる先には複数の人影がある。遠くてよく見えない、と思うが早く、聖獣は急降下していった。

「――――っ」
 勢い余って舌を噛みそうだ。何故自分はこんな目に遭っているのか。疑問が宙に浮いたまま、聖獣は今度は急停止した。そうして地上から一定の距離を保って、羽ばたいている。
「おい、冗談じゃない。上空に何かとんでもないのがいる」
 最も近くに立っている、体格の良い女から怪訝そうな声が発せられた。女は以前会った時に比べて腕が片方減っている。

「何ですか、こんな時にー」
 傍で女の傷の処置をしていた男が、常よりも切羽詰まった形相で顔を上げた。極度の近視である男の為に、女が事細かに描写してやった。
「羽ばたきが聴こえるだろう? 四本足の何かが宙に浮いて……光を振りまいている。この様子では、魔物とは言い難いな。むしろ、そこかしこの魔物が、光に触れてからは銀色に輝いて消滅している」
 地上から見上げているのでは聖獣の身体に遮られているものまでは視認できないのだろう。女の説明には、ゲズゥに関する情報が含まれていなかった。

「え、ええ!? 先輩、それってもしやあの聖獣じゃないですか!? すごい! 聖女ミスリアがやったんですね!」
「そうなのだろうな。聖獣など伝承の産物かと思っていたが、本当に顕現するとはな」
「……じゃあ、この腕ももしかして……」
 期待を抱いたように、男が空を振り仰ぐ。

「いや。いかに聖気をもってしても、魔物に噛み砕かれたものまでは再生しないのだろう。まあ、おかげで傷口は完全に塞がれた。十分だ、もういい」
 残った左腕で双頭のモーニングスターを拾い上げ、女が立ち上がりかける。
「よくないです!」
 しかし女のコートの裾を、部下の男がしっかり掴んで放さない。

「フォルトへ、声を荒げるな。そんなに大声を出さなくても聞こえている」
「聞こえてても聞いてないからですよ! 魔物が飛び掛ってきた時、自分を庇ったりしなければ――」
「既知の事実をいちいち言わせるな。お前が腕を失うのと私が失うのでは重みが違う。私は隻腕でも生活できるが、お前には不便だろう。庇うのは当然だ」

「それでもです!」
 駄々をこねる子供のように、男が地団太を踏んだ。女はそれを無視して、辺りを見回している。

拍手[4回]

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

23:38:41 | 本編 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |次ページ